「京成線ワンデーパス」を2月に発売。成田スカイアクセス線も乗り放題!

成田空港往復でもお得

京成電鉄が、京成線全線が乗り放題になる「京成線ワンデーパス」を2月から3月にかけて発売します。成田スカイアクセス線にも乗車できます。

広告

大学生の春休みに

京成電鉄は、「京成線ワンデーパス」を2022年2月1日~3月21日に発売します。京成線全線が乗り放題で、成田スカイアクセス線にも乗車できます。ただし、北総線内(京成高砂~印旛日本医大)は乗り降りできません。

価格は大人2,000円、子ども1,000円。京成線各駅の自動券売機で、乗車日当日に購入できます(東松戸、新鎌ケ谷、千葉ニュータウン中央、印旛日本医大は除く)。

「京成線ワンデーパス」は、2021年4月~5月、8月にも発売されました。2021年度としては3回目で、大学の春休み夏休み期間に発売する形です。

京成線ワンデーパス
画像:京成電鉄

成田空港往復でモトがとれる

「京成線ワンデーきっぷ」の概要は以下の通りです。

・発売期間 2022年2月1日~3月21日
・発売価格 大人2,000円、小児1,000円
・発売箇所 京成線各駅自動券売機(東松戸、新鎌ケ谷、千葉ニュータウン中央、印旛日本医大は除く)
・有効区間 京成線全線(北総線京成高砂~印旛日本医大間は乗降不可)

スマートフォンアプリ「RYDE PASS」でデジタルチケットも発売します。磁気券は発売日当日限り有効、デジタルチケットは購入日当日から28日間のうち任意の1日限り有効です(利用期限は3月21日)。

京成線の京成上野~成田空港間の普通運賃が1,050円ですので、1日2,000円の京成線ワンデーパスで、ちょうどモトが取れます。スカイアクセス線経由の場合は1,270円ですので、往復するだけでモトが取れます。

単純往復だけではそれほど割安感はありませんが、京成線内を途中下車しながら回るならオトクです。この春、京成線を乗りつぶしたい方にはおすすめのチケットです。

広告
関連広告
前の記事新神戸駅前はこう変わる!駅前広場再整備計画の全詳細。2024年完成へ
次の記事小樽市長が「バス転換を視野」。函館線・余市~小樽間も存続困難に