「ローカル路線バスの旅 陣取り合戦」第7弾 松戸~銚子は3/16放送。高橋みなみが登場!

あの村上健志も

テレビ東京「ローカル路線バスの旅」シリーズの「路線バスで陣取り合戦」の第7弾が3月16日に放送されます。今回の舞台は千葉県。AKB48の初代総監督・高橋みなみが登場します。

広告

高橋みなみが登場

テレビ東京系列でオンエアされるのは、「水バラ ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦」の第7弾。

舞台は千葉県で、松戸駅から旭市の飯岡灯台を目指すルート。市町村を「陣地」に見立て、1泊2日でどちらのチームがより多くの陣地をとれるかを競います。

市町村ごとに決められたミッションを相手チームより先にクリアすれば、その陣地は自分たちのもの、というルール。獲得した陣地の多いチームが勝ちとなります。

対決するのは、ルイルイこと太川陽介が率いるチームと、河合郁人(A.B.C-Z)が率いるチーム。

太川チームには、AKB48初代総監督・高橋みなみと、「バスvs鉄道対決旅」にも出演したフルーツポンチ村上健志が参加。河合チームにはおいでやす小田と、ハリセンボンの箕輪はるかが加わりました。

ローカル路線バスの旅陣取り合戦7
Ⓒテレビ東京

水バラ ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦 第7弾 千葉・松戸~旭市・飯岡灯台
【出演】太川陽介、高橋みなみ、村上健志(フルーツポンチ)、河合郁人(A.B.C-Z)、箕輪はるか(ハリセンボン)、おいでやす小田
【放送日】2022年3月16日(水) 18時25分~21時00分(テレビ東京系列)

広告

千葉県横断

「路線バス陣取り合戦」は、2021年12月に放送された三重~奈良編に続く7回目です。過去の対戦成績は、太川チームの3勝2敗1分け。番組告知によると、今回のルートは100kmで、「路線バスが充実の市街地では混戦必至!熾烈な陣の取り合いに」なったということです。

陣取り合戦で千葉県が舞台になるのは、第2弾の房総半島以来です。このときは鴨川市から成田市へ千葉県を縦断する形でしたが、今回は松戸市から銚子市方面へ横断するルートになります。

ゴールの飯岡灯台は旭市にありますが、銚子市との市境に近くにあります。銚子市も陣取りの舞台になったからか、番組タイトルでは「旭市・飯岡灯台」と「銚子」を併用しています。

千葉県西部には柏市、船橋市、千葉市といった大都市が並び、バス路線が充実。そのぶん移動しやすく、陣の数を争う展開になりそうです。一方、千葉県東部はバス路線が少ないので、先行が有利になるでしょう。つまり、西部で着実に陣を押さえたうえで、東部方面へ先行できるがかポイントになりそうです。

広告

参謀役に箕輪はるか

ゲストで注目は、なんといっても元AKB総監督の高橋みなみでしょう。AKB総監督では、2代目の横山由依がテレビ東京のバス旅シリーズに過去2回登場し、いずれも太川チームに属して貢献しました。初代総監督として、高橋みなみも負けられません。

また、バス旅ファンには村上健志も気になるでしょう。「バスvs鉄道」の第3弾では、ホテルのカギを返し忘れ途中で引き返すという「大技」を繰り出して、番組を盛り上げました。

河合チームでは、箕輪はるかが注目でしょう。早稲田大卒の「頭脳派」で、河合チームの参謀役を果たしそう。河合はメンバーの能力を活かすのがうまいので、名参謀が加わるとめっぽう強くなります。

今回は2時間半という通常尺で、スピーディーな構成になりそう。放送が楽しみです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事ANA新ブランド「エアージャパン」はどこへ行く? LCCではない!
次の記事鉄道ローカル線、地方自治体のスタンスを読み解く。論点はどこにあるのか