「ローカル路線バス対決旅 陣取り合戦」房総半島完全版SPが2/10放送。パックンの解説が気になる!

安房鴨川~成田山

テレビ東京の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』シリーズの「路線バスで陣取り合戦 第2弾 完全版SP」が2月10日に放送されます。2020年10月オンエアの再放送ですが、出演者をスタジオに呼んだ解説が行われます。

広告

安房鴨川~成田山

2021年2月10日にオンエアされるのは、「水バラ ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦 in 房総半島 全部見せます!完全版SP」。2020年10月21日にオンエアされた番組をアレンジしたものです。

房総半島の安房鴨川をスタートし、ゴールは成田山新勝寺。バスを乗り継ぎながら、千葉県にある54の市町村を「陣地」に見立て、1泊2日でどちらのチームが多くの陣地をとれるかを競います。市町村ごとに決められたミッションを相手チームより先にクリアすれば、その陣地は自分たちのもの、というルール。房総を舞台に、より多くの陣地を取ったチームが勝ちとなります。

「陣取り合戦」としては伊豆半島に続く第2弾です。対決したのは、おなじみルイルイこと太川陽介が率いるチームと、河合郁人(A.B.C-Z)が率いるチーム。太川チームには、A.B.C.-Zメンバーの塚田僚一と松井珠理奈(SKE48)が加わり、河合チームには、別府ともひことパックンの2人が参加しました。

2月10日放送の「完全版SP」では、太川、河合、パックン、別府をスタジオに迎え、未公開映像を含めたVTRで旅を振り返ります。「なぜ東金市を獲得したのか?」「両チームの知られざる駆け引き」といった裏話や補足説明が加わります。

さらに、対決旅で「陣取られましたよ~ボイス」を担当する蛭子能収も登場。番組を盛り上げます。

水バラ ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦 in 房総半島 全部見せます!完全版SP

【出演】太川陽介、塚田僚一(A.B.C-Z)、松井珠理奈(SKE48)、河合郁人(A.B.C-Z)、パックン、別府ともひこ(エイトブリッジ)
【放送日】2021年2月10日(水) 18時25分~22時00分(テレビ東京系列)

路線バスで陣取り合戦第2弾
Ⓒテレビ東京

仕立て直して再放送

要するに10月に放送された「陣取り合戦第2弾」の再放送です。ゴールデンの時間帯に3時間半も再放送と聞くと驚きますが、似たような形での放送は『出川哲朗の充電させてもらえませんか』などでも行われてきましたので、それを『ローカル路線バスの旅』でもやってみる、ということでしょうか。

背景には、『ローカル路線バスの旅』シリーズの、再放送での強さも挙げられるでしょう。年末年始には「バスvs鉄道対決旅」が関東地区で2度再放送されましたが、いずれも視聴率は堅調で、とくに12月29日に再放送された第6弾は、同時間帯でNHKを含む全局トップの視聴率を獲得しました。『ローカル路線バスの旅』シリーズが、再放送コンテンツとして強力であることを示したといえます。

そうした実績もあり、緊急事態宣言下で新たなロケ番組が収録できないなか、過去の傑作回を仕立て直し、ゴールデンタイムに持ってくるという発想になったのかもしれません。

「陣取り合戦第2弾完全版SP」の見どころは、なんといっても名参謀・パックンの感想戦でしょうか。頭脳明晰で行動力があり、番組ではリーダー河合をよく補佐しました。そのパックンが「東金攻略」までの道筋などを語るのは、ファンには興味深いでしょう。

「完全版SP」は3時間半の放送枠で、初回放送と同じです。そこに出演者のコメントや未公開映像を入れ込むので、解説の時間がどれだけあるのかが気になりますが、放送が楽しみです。

広告
関連広告
前の記事留萌線「石狩沼田まで存続」なら年3億4500万円。自治体に厳しい条件
次の記事JALは「値下げ」ANAは「値上げ」。新型コロナで航空運賃はどう変わったか