「渋谷ヒカリエデッキ」の将来像。宮益坂上から道玄坂上まで通路でつながる!

スカイウェイで道玄坂へ

渋谷ヒカリエの北側に新たな歩行者デッキが完成します。メトロ銀座線の上部に設けられるもので、渋谷駅から宮益坂へのアクセスが便利になります。将来的には、渋谷マークシティまで地上に降りずアクセスできる通路の一部になる予定です。

広告

銀座線の上部空間を活用

東急電鉄は渋谷ヒカリエの北側、東京メトロ銀座線の線路の上部に歩行者デッキを開設すると発表しました。開設日は2021年7月15日。デッキの名称は「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」です。

渋谷ヒカリエデッキ
画像:東急電鉄

ヒカリエデッキは、渋谷ヒカリエの3階と4階に面し、宮益坂に並行します。ヒカリエデッキを経由することで、渋谷駅から宮益坂上までスムーズに移動できるようになります。

渋谷ヒカリエデッキ
画像:東急電鉄

宮益坂上付近は3階で、途中でエスカレーターで4階に上がり、渋谷駅方面へとつながります。ただし、そのままJR渋谷駅へ渡ることはできません。明治通りの手前でヒカリエのアーバン・コアに入り、2階の貫通通路を渡って渋谷駅に到達できます。

渋谷ヒカリエ
画像:東急電鉄

ヒカリエデッキは、歩行者デッキとしての機能はもとより、キッチンカーの出店やイベントスペースとしても活用されます。植栽やベンチなども整備しますので、憩いの場としても賑わいそうです。

広告

スカイウェイの一部

ヒカリエデッキは、渋谷駅東西をつなぐ歩行者動線「スカイウェイ」の一部として先行オープンするものです。将来的には、渋谷駅上部を経てマークシティまでつながり、宮益坂上と道玄坂上を、一度も地上に降りることなく空中デッキなどで移動できるようになります。

渋谷駅東西自由通路
画像:東急電鉄

下図は、東急電鉄が公表している、渋谷駅周辺中心地区の将来イメージ図です。渋谷ヒカリエの左側にオレンジ色で描かれているのが、今回オープンするヒカリエデッキです。将来的には、銀座線の渋谷駅の上を経て、渋谷スクランブルスクエアにつながることがわかります。

渋谷再開発
画像:東急電鉄

スクランブルスクエアから、マークシティへも空中デッキなどでつながるのがイラストで見て取れます。マークシティは道玄坂上付近にも出口がありますので、宮益坂上から道玄坂上まで、デッキとビル内の歩行だけで移動できるというわけです。

全て完成するのは2027年度頃。遠い将来のようにも感じそうですが、あと6年後です。渋谷駅はバリアフリーに配慮された使いやすい駅になっていることでしょう。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事2020年度 旅行会社取扱額ランキング。HISが激減、JR東海ツアーズは躍進。
次の記事福岡地下鉄、長者原延伸は実現するか。福岡県が調査費計上へ