石垣~波照間線が15年ぶり復活。日本最南端へ、4/30に運航開始!

石垣~多良間線も

日本最南端の島、波照間島への航空路線が15年ぶりに復活します。第一航空が石垣~波照間線を4月30日に就航すると発表しました。石垣~多良間線も同時に再開します。

【追記】第一航空は4月20日に、就航延期を発表しました。

広告

波照間、多良間同時就航

第一航空は、石垣~波照間線と石垣~多良間線を2022年4月30日から運航すると発表しました。波照間線は週3便、多良間線は週2便程度の運航を予定しています。運航する曜日は未発表です。

石垣~波照間線と石垣~多良間線のスケジュールは以下の通りです。

■石垣~波照間線
新石垣09:30→波照間10:00
新石垣13:40→波照間14:10
波照間11:30→新石垣12:00
波照間15:40→新石垣16:10
※各便とも運航日未定

■石垣~多良間線
新石垣13:40→多良間14:10
多良間15:40→新石垣16:10
※各便とも運航日未定

機材はDHC-6-400型、通称ツインオッターです。同社が2021年7月に運航開始した那覇~粟国線と同型機で、座席定員は19人です。

石垣~波照間、石垣~多良間の運賃は同額で、大人(満12歳以上)14,000円、小児(満3歳以上12歳未満)8,500円、出身高校生4,200円、身体障害者8,500円です。島民割引が設定されていて、大人5,000円、小児と身障者が3,000円です。

波照間空港
画像:photo ac

15年ぶりの復活

石垣~波照間は2007年まで、石垣~多良間は2006年まで、いずれも琉球エアーコミューター(RAC)が就航していました。しかし、利用者数が少なかったことなどから、両路線とも撤退しています。以後、航空路線復活の計画はありましたが、なかなか実現しませんでした。

多良間空港にはRACが宮古線を運航していますが、波照間空港には他に航空路線がありません。そのため、第一航空の就航は、波照間島にとって15年ぶりとなる待望の航空路復活といえます。

旅行者にとっても、日本最南端への島を訪れやすくなりそうです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事JR西日本「運賃値上げ区間」全リスト。特定区間の一部、2023年4月から
次の記事「えきねっと」が機能強化。Googleマップ連携、JR東海でも受け取り可能に