「水バラ」新シリーズ「ぐるり一周対決旅」は6/9放送。ルイルイは出ませんが

テレビ東京系列の「水バラ」で6月9日に新シリーズが登場します。その名も「ぐるり一周対決旅」。「ローカル路線バス対決旅」シリーズに似ていますが、太川陽介は出演しません。

広告

鉄道、バス、タクシーが利用可能

テレビ東京の新シリーズ「ぐるり一周対決旅」の舞台は房総半島。スタートもゴールも木更津で、房総半島を一周します。途中に7つのチェックポイントがあり、二つのチームが「右回り」と「左回り」に分かれて対決。移動手段は自由で、鉄道、バス、タクシーが利用可能です。交通費が3万円という制約があります。

対決するのは、「チーム中澤」と「チーム安藤」。「チーム中澤」は、元サッカー日本代表の中澤佑二がリーダーで、じゅんいちダビッドソン、神田愛花が参加。「チーム安藤」は元フィギュアスケート選手の安藤美姫がリーダーで、ライセンスの井本貴史、AKB48の岡部麟が参加します。

房総半島ぐるり一周対決旅
Ⓒテレビ東京

水バラ 房総半島ぐるり一周対決旅
【出演者】中澤佑二、じゅんいちダビッドソン、神田愛花、安藤美姫、井本貴史(ライセンス)、岡部麟(AKB48)
【放送日】2021年6月9日(水) 18時25分~21時00分(テレビ東京系列)

ルイルイ抜きで

「水バラ」の対決旅といえば、ルイルイこと太川陽介が出演する「バスVS鉄道」や「陣取り合戦」が思い浮かびます。「路線バスで鬼ごっこ」という企画もありました。

今回も同系統の番組に見えますが、最大の違いは「ルイルイが出演しないこと」でしょう。対決旅シリーズの面白さは、ルイルイのキャラクターに支えられている面もありますので、ルイルイ抜きでどういう番組になるのかは興味深いところです。

リーダーには、中澤佑二と安藤美姫という、オリンピック出場経験のあるアスリートを据えました。ということは、ある程度「歩かせる」ことを想定しているのでしょう。ちなみに、じゅんいちダビッドソンと安藤美姫は、「対決旅」の出演経験もあり、どちらも所属チームが勝利しています。

違う方向、違う時間

「ぐるり一周対決旅」の特徴は、同じルートを左右両方向から回ることで対決する、という設定です。番組予告によると、「同じルートを『違う方向』『違う時間』に行く両チームには真逆のことが起こる」とのこと。

同じ場所でも、時間帯によっては移動手段がなかったりするので、撮れる映像は全く異なる、というわけです。新型コロナウイルス感染症で広域ロケが難しいなか、制作陣のアイデアが結実した設定といえそうです。

「路線バス縛り」はなく、鉄道、バス、タクシーのいずれを使ってもよい、というのも特徴です。3人で3万円ではタクシー代としては十分ではなく、鉄道とバスをいかに組み合わせるかが勝敗を分けそうです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事ANAがLCCピーチと共同運航へ。活用法を考えてみる
次の記事宗谷北線が「200」割る。JR北海道 輸送密度ランキング2020年度版