「秋の乗り放題パス」2023年は期間短縮。16日間の設定、価格は据え置き

「秋の青春18きっぷ」

「秋の乗り放題パス」の2023年の発売期間、利用期間、価格が発表されました。利用期間は10月7~22日の16日間で、前年の23日間から短縮されました。

広告

「秋の青春18きっぷ」

「秋の乗り放題パス」は、日本全国のJR線で、快速・普通列車が3日間乗り放題になるきっぷです。特急列車乗車不可などの基本ルールは青春18きっぷと同じで、いわば「秋の青春18きっぷ」ともいえる存在です。

青春18きっぷとの違いは、3日間連続で利用しなければならない点、複数人の利用ができない点、こども用の設定がある点、自動改札機が使える点です。

前年からルール上の変更点はありませんが、設定期間が16日間(週末3回)に短縮されました。「秋の乗り放題パス」は、もともと16日間の設定でしたが、コロナ禍の2020年度から2022年度までの3年間は、23日間(週末4回)になっていました。

2023年は、コロナ禍が終わったという判断なのか、4年ぶりに16日間の設定に戻りました。

秋の乗り放題パス2023年
画像:JR東日本プレスリリース
広告

「秋の乗り放題パス」期間と価格

2023年の「秋の乗り放題パス」の発売期間、利用期間、価格などは以下の通りです。価格は前年から据え置きです。

■発売期間
9月16日(土)~10月20日(金)

■利用期間
10月7日(土)~22日(日)

■有効期間
連続する3日間

■価格
おとな7,850円、こども3,920円

■発売箇所
全国のJRの主な駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社

広告

「秋の乗り放題パス」の基本ルール

「秋の乗り放題パス」の基本ルールは、「青春18きっぷ」と同じです。全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席、BRT、JR西日本宮島フェリーが乗り降り自由。別途料金を払えば、普通車指定席やグリーン車自由席は利用可能です。新幹線、特急やグリーン車指定席には乗車できません。

「青春18きっぷ」とルールが異なる点は、連続利用が条件であるということ。1日分ずつ切り離して使用することはできず、3日連続で使わなければなりません。また、自動改札が使えます。

3日間で7,850円なので、1日あたり約2,616円です。青春18きっぷの1日あたり2,410円に比べると、8%ほど値段が高い計算になります。

ただ、「秋の乗り放題パス」は、「青春18きっぷ」に比べて利用者は少なく、学校の長期休暇とも重ならないので、普通列車が旅行者であまり混雑しない、というメリットがあります。

広告

「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」

「秋の乗り放題パス」では渡れない、津軽海峡を通過するためのチケットが同時発売されます。「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」です。

北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間と、道南いさりび鉄道の木古内~五稜郭間を連続した行程で片道1回のみ乗車できます。

道南いさりび鉄道線内の途中下車は不可。北海道新幹線奥津軽いまべつ駅への在来線の乗換駅はJR津軽線津軽二股駅です。津軽線蟹田~津軽二股間はバス代行中ですが、「秋の乗り放題パス」で乗車可能です。

価格はおとな2,490円、こども1,240円です。これも据え置きです。(鎌倉淳)

広告
前の記事「サンキューちばフリーパス」2023年の期間と価格。北総線追加、秋、早春に設定
次の記事ルスツ「リフト1日券」が11,500円に。2年で1.7倍、スキー場インフレ激しく