ホーム 航空統計 スカイマークが世界3位。2...

スカイマークが世界3位。2019年エアライン定時運航率ランキング

JAL、ANAもランクイン

航空情報会社の英・OAGが、2019年のエアライン定時運航率ランキングを発表しました。日本の航空会社ではスカイマークが3位に入りました。

広告

世界首位はガルーダ

OAPが公表した2019年の航空会社定時運航率ランキングによりますと、年間でもっとも高い定時運航率を達成したのは、ガルーダ・インドネシア航空で95.01%。2位はパナマのコパ航空で92.01%。3位に日本のスカイマークが入り、90.12%でした。

スカイマーク

2019年エアライン定時運航率ランキング

順位 航空会社名 定時運航率
1 ガルーダ・インドネシア航空 95.01%
2 コパ航空(パナマ) 92.01%
3 スカイマーク 90.12%
4 ハワイアン航空(米) 87.40%
5 LATAM航空グループ(チリ) 86.41%
6 アエロフロート(露) 86.30%
7 全日空 85.92%
8 ジェットスター・アジア(シンガポール) 85.48%
9 シンガポール航空 85.32%
10 タイ・エアアジア 84.49%
11 イベリア航空(西) 84.06%
12 シベリア航空(露) 83.88%
13 エア・バルティック(ラトビア) 83.63%
14 デルタ航空(米) 83.56%
15 日本航空 83.44%
16 スカイ航空(チリ) 83.42%
17 エディハド航空(UAE) 83.40%
18 カンタス航空(豪) 82.96%
19 ジェットツー・コム(英) 82.69%
20 インドネシア・エアアジア 82.41%

(出典:OAG

ANAが7位、JALは15位

日本の大手航空会社では、ANAが85.92%で7位、JALが83.44%で15位となっています。両社の規模を考慮すれば、これも十分高い数字です。

目を引くのはアエロフロートの6位でしょうか。昔はよく遅れる航空会社というイメージがありましたが、2019年は日系よりも高い定時率となっています。

このランキングに登場している航空会社なら、安心して利用できそうです。

広告

LCC部門では世界首位

OAGでは、航空会社を部門別にわけた定時運航率ランキングも公表しており、スカイマークは「LCC部門」で世界トップとなりました。スカイマークがLCCであるかどうかは意見が分かれるでしょうが、「低価格」が同社の特徴であるのは間違いありません。

ピーチやジェットスター・ジャパンなど、他の日本のLCCはランク外でした。

より詳しいデータをご覧になりたい方は、こちらから。

Punctuality League 2020 – OAG.com (PDF)