東武線・メトロ日比谷線2020年6月6日ダイヤ改正まとめ。特急から普通まで多岐にわたる内容に

特急強化と合理化と

東武スカイツリーライン・東京メトロ日比谷線系統は、2020年6月6日にダイヤ改正を実施します。特急から普通まで改正内容は多岐にわたりますので、概要をまとめてみました。

広告

「THライナー」運行開始

東武スカイツリーライン(伊勢崎線)・メトロ日比谷線系統の2020年6月ダイヤ改正の目玉は、なんといっても「THライナー」の運行開始です。スカイツリーライン、日比谷線を直通する有料座席指定列車で、東武70090系をクロスシートで運用します。

THライナー70090型
画像:東武鉄道プレスリリース

運転本数は朝が2本、夕夜間が5本の計7本。運転区間は久喜~霞ケ関・恵比寿間で、途中停車駅は東武動物公園、春日部、せんげん台、新越谷、上野、秋葉原、茅場町、銀座と霞ヶ関~恵比寿間の各駅です。

新越谷~上野間ノンストップというのが、これまでにない斬新な停車駅設定です。北千住駅は乗務員交代のため停まりますが、客扱いはしません。

THライナー停車駅
画像:東武鉄道プレスリリース

THライナー時刻表
画像:東武鉄道プレスリリース

THライナーの料金は、久喜~春日部と日比谷線各駅間が大人680円、小児350円。せんげん台・新越谷と日比谷線各駅間が大人580円、小児300円です。

広告

虎ノ門ヒルズ駅開業

もう一つの目玉が、日比谷線虎ノ門ヒルズ駅開業でしょうか。霞ケ関~神谷町間に設置される新駅です。

虎ノ門ヒルズ駅位置図
画像:東京メトロプレスリリース

これにあわせる形で、日比谷線の平日の霞ケ関行き列車を中目黒行きに変更し、霞ケ関~中目黒間を8本増発します。また、霞ケ関始発の東武線方面行き列車7本を、中目黒始発に変更します。土休日は北千住~中目黒間で8時~9時台に1往復増発します。

北千住~竹ノ塚間で減便

東武スカイツリーラインの普通列車の大きな変更点としては、現在の浅草~竹ノ塚間折り返し列車を、浅草~北千住間の折り返し運転に変更します。竹ノ塚駅付近連続立体交差化工事の進捗による竹ノ塚駅構内下り引上げ線の使用停止によるものです。

これにより、日中時間帯の竹ノ塚駅始発の列車はなくなり、北千住~竹ノ塚間は減便です。北千住~竹ノ塚間の普通列車は毎時6本となります。

広告

特急が曳舟に停車

特急列車では、朝夕時間帯で曳舟駅停車を開始します。メトロ半蔵門線との乗り継ぎ利便性向上のためで、朝上りが浅草09時52分着まで、夕夜間下りは浅草17時09分発以降です。通勤客が、曳舟駅の同一ホーム上で特急と半蔵門線直通列車を乗り継げるようにします。

夜間時間帯には、特急の運行が拡充されます。現行浅草20時00発の「リバティけごん・りょうもう」東武日光・館林行きを、浅草19時59分発「リバティりょうもう」太田行きに変更。19時30分発特急「スカイツリーライナー5号」春日部行きを、「けごん45号」東武日光行きに変更するなどします。朝の時間帯については、「りょうもう6号」を太田発から赤城発とし、運転区間を拡大します。

東武500系リバティ
画像:東武鉄道

また、東武ワールドスクウェア駅に全列車が停車し、東武ワールドスクウェアの開園時間外も利用できるようになります。

野田線(アーバンパークライン)特急の「アーバンパークライナー」も増発し、平日の大宮発、柏発を3本ずつとします。野田線は、2020年3月14日にダイヤ改正を行い、全線での急行運転開始や最終電車繰り下げなどを実施しましたが、6月6日にも特急増発にともなうダイヤ修正を行います。

関連記事

亀戸線で終電繰り下げ

亀戸線では、最終列車の時刻繰り下げが行われます。現行は亀戸0時06分発が0時29分発に、曳舟23時56分発が0時18分発となります。それぞれ20分以上の繰り下げで利便性を向上します。

ワンマン運転拡大

日光線では、南栗橋~新栃木間で20400型車両によるワンマン運転を開始します。これにあわせて、南栗橋~東武宇都宮間の直通運転をおこないます。これまでは、日光線南栗橋~栃木間、宇都宮線栃木~東武宇都宮間で系統が分かれていましたが、これを統合します。

ワンマン運転拡大に合わせ、栃木~東武宇都宮間を走行する20400型車両に、車体側面に搭載したカメラでホーム上の安全確認を行う「車上ITVシステム」を導入し、ワンマン
運転における安全性の向上を図ります。

ITVシステム
画像:東武鉄道プレスリリース

伊勢崎線館林以北においては、特急列車以外の一般列車を全てワンマン運転とします。これにともない、浅草~太田間の直通列車(特急列車以外)については運転を取りやめます。平日3往復、土休日に下り1本上り3本運転されている浅草~太田間の区間急行が姿を消します。

広告

「リバティ会津」停車駅削減

会津、鬼怒川方面では、野岩線・会津線特急「リバティ会津」が停車駅見直しや交換待ち合わせの改善により、速達性を向上します。浅草~会津田島間で下り最大10分、上り最大6分の所要時間短縮を実現します。

このため、浅草11時00分発「リバティ会津117号」、会津田島13時02分発「リバティ会津132号」は、大谷向、大桑、小佐越、川治温泉、中三依温泉を通過します。また、一部列車を除き「リバティ会津」は男鹿高原、七ヶ岳登山口、会津山村道場、会津荒海、中荒井を通過します。

観光客に人気のSL「大樹」は、土休日を中心に6往復運転していますが、SL、DL車両を活用し土休日を中心に4往復に増発します。平日は2往復です。観光路線の強化施策です。

特急強化と合理化と

全体をまとめてみると、「THライナー」や特急といった有料座席指定列車を強化する一方で、北関東のローカル区間では合理化を進めるダイヤ改正となっています。

高架化にともなう措置とはいえ、スカイツリーラインの北千住~竹ノ塚間の列車削減も気になります。

メトロ線日比谷線に関しては、虎ノ門ヒルズ駅の開業と、霞ケ関~中目黒間の増発が主たる内容です。「THライナー」の運行開始とあわせて、前向きな内容といえそうです。(鎌倉淳)

広告