新幹線で東京~岡山を格安旅行する方法【2022年版】格安チケット、割引きっぷを全網羅

EX早特がお得

新幹線で東京~岡山を安く行く方法について、2022年夏の最新情報を反映してまとめてみました。「のぞみ」「ひかり」の2列車について、基本的な割引きっぷから、ややマニアな買い方までご紹介します。

広告

東京・岡山価格比較

東海道新幹線で東京~岡山を旅行する場合、正規運賃・料金は、「のぞみ」指定席が17,660円(通常期)。「ひかり」の指定席が17,130円(同)。自由席が16,600円です。これがいわゆる「通常料金」です。

夏休みなどの繁忙期は、指定席料金が200円増し、6月の月~木などの閑散期は200円引きになります。

東京~岡山間の新幹線の割引きっぷを、以下に表にしてまとめておきます。詳細は下のほうで説明していきます。

東京~岡山の新幹線価格比較(通常期)
きっぷ 価格
指定席通常価格(のぞみ) 17,660円
指定席通常価格(ひかり) 17,130円
自由席通常価格 16,600円
往復割引(のぞみ指定席、片道あたり) 16,590円
往復割引(自由席、片道あたり) 15,530円
スマートEX往復割引(のぞみ指定席) 16,380円
スマートEX往復割引(自由席) 15,520円
EX早特(平日) 14,670円
EX早特(土休日) 14,260円
EX早特21ワイド 13,900円
パッケージツアー 約27,000円~
ダイナミックパッケージ 約26,000円~

 

岡山駅

自由席を使う

まず、基本的なルールとして、自由席に乗ると安くなります。上述したように、自由席の価格は「のぞみ」で16,600円です。これだけで「のぞみ」指定席より1,060円、約6%も安くなりますので、簡単ですが効果的な格安旅行法です。

「のぞみ」自由席 16,600円

広島発着の列車を選べば、自由席でも座れることが多いです。なお、自由席は「のぞみ」「ひかり」とも同額です。

「ひかり」に乗る

どうしても指定席がいい、という人は、「ひかり」に乗ると「のぞみ」より安くなります。「ひかり」の指定席料金は通常期17,130円です。

「ひかり」指定席 17,130円

「のぞみ」では東京~岡山は約3時間20分ですが、「ひかり」では約4時間10分かかります。1時間近く余分にかかりますが、530円安くなります。

広告

往復割引

東京~岡山を新幹線で往復利用するなら、「往復割引」が使いやすくお得です。往復割引は片道601km以上を往復利用する場合、乗車券が1割引になるという制度です。東京~岡山間は条件を満たします。

特急券は割引になりませんので、運賃・特急料金をあわせた総額では6%程度の割引になります。

片道乗車券は10,670円のところ、往復割引なら片道あたり9,600円となり、1,070円安くなります。指定席特急券とあわせれば、片道あたり16,590円、自由席特急券とあわせれば同15,530円となります。

往復割引(のぞみ指定席)16,590円
往復割引(自由席)15,530円

往復割引には距離に応じて有効期間が決められていて、東京~岡山間は10日以内に往復する必要があります。

広告

スマートEX

スマートEXは、東海道新幹線のインターネット予約です。会員制サービスですが、年会費は無料です。利用にはクレジットカードが必要です。また、交通系ICカード(Suica、TOICA、ICOCAなど)があれば、チケットレスサービスも利用できます。

スマートEXサービスを使うと、「のぞみ」「ひかり」「こだま」指定席が通常価格の200円引きで利用できます。自由席は通常価格と同額です。

スマートEXでは往復割引もあり、指定席が通常往復価格の210円(片道あたり)引きで利用できます。自由席は通常価格の10円引き(同)です。

スマートEX往復割引(のぞみ指定席)16,380円
スマートEX往復割引(自由席)15,520円

EX早特

スマートEXだけでは紙のきっぷと価格はほとんど変わりませんが、スマートEXの会員になると、「EX早特」というインターネット専用の格安チケットを購入できます。東京~岡山間のEX早特には、以下のものがあります。いずれも「のぞみ」指定席が利用できます。

EX早特21ワイド(21日前までの予約)13,900円
EX早特(土休日、3日前までの予約)14,260円
EX早特(平日、3日前までの予約)14,670円

EX早特21ワイドが約21%割引、EX早特が約20%割引です。

EX早特21ワイドが最安値ですが、21日前までの予約は厳しい制約です。EX早特は3日前までの予約なので使いやすく、価格的にも十分安いので、コスパに優れた格安チケットといえます。

エクスプレス予約

エクスプレス予約は、東海道新幹線の有料会員制インターネット予約です。無料会員制度はなく、年会費1,000円のクレジット会員にならなければ利用できません。そのため、ちょっと敷居が高いのですが、16,300円で普通車指定席が利用できます。

エクスプレス予約の往復割引は15,530円とさらに安く、通常価格の約12%割引に設定されています。

エクスプレス予約では、上記「EX早特」の割引きっぷも利用できます。

広告

新幹線+宿泊セットプラン

往復の新幹線と宿泊がセットになった旅行商品(パッケージツアー)です。日本旅行が販売しています。2名1室利用で一人27,000円程度~。1名利用の場合は、2,000円ほど高くなります。

新幹線指定席往復+ホテル1泊で27,000円程度~

週末や繁忙期は高くなりますが、往復3万円弱で宿泊も付いてくるのですから、価格的にはお得です。ただし、時間帯のいい列車は値段が高くなります。

ネット上で予約し、きっぷは新幹線駅構内にある指定席券売機で受け取れます。出発前日(一部当日)まで予約できます。

【公式】日本旅行「JR・新幹線+宿泊セットプラン」

ダイナミックパッケージ

ダイナミックパッケージは、お好みの新幹線と宿泊ホテルを組み合わせて、インターネット上で予約、決済するパッケージです。

東海道・山陽新幹線のダイナミックパッケージは、「JTBダイナミックパッケージMySTYLE」で利用できます。同サイト上で予約・決済し、きっぷは新幹線駅構内にある指定席券売機で受け取れます。

上記「新幹線+宿泊セットプラン」とほとんど違いはありませんが、ダイナミックパッケージのほうが列車とホテルの組み合わせの自由度が高いです。JTBのダイナミックパッケージは、乗り遅れても後続列車の自由席に乗車可能と利用しやすいのも特徴です。

新幹線指定席往復+ホテル1泊で26,000円程度

出発前日まで予約できます。

【公式】JTBダイナミックパッケージMySTYLE

広告

まとめてみると

東京~岡山間の新幹線の割引きっぷは、スマートEXで購入できる「EX早特」がファーストチョイスになるでしょう。3日前まで予約可で約2割引という設定は、使いやすさと安さのバランスが取れています。予定が早く立つなら、「EX早特21ワイド」を使うとお得度はさらに高まります。

駅窓口や券売機で購入するなら、往復割引がいいでしょう。運賃が1割引、特急料金は無割引で、トータルでは約6%割引になります。自由席を使えば、さらに安くなります。

宿泊を伴う旅行なら「JTBダイナミックパッケージMySTYLE」や日本旅行の「JR・新幹線+宿泊セットプラン」は魅力的です。価格も手ごろで、前日まで予約できるのは便利です。(鎌倉淳)

【公式】JTBダイナミックパッケージMySTYLE
【公式】日本旅行「JR・新幹線+宿泊セットプラン」

広告
関連広告
前の記事くま川鉄道、全線復旧は2025年度に。路線の孤立状態は続く
次の記事JAL、ANAの燃油サーチャージがさらなる高値圏に。往復13万円も視野