ホーム 新幹線・特急 全新幹線が2022年にチケ...

全新幹線が2022年にチケットレス対応へ。九州新幹線がエクスプレス予約、スマートEXを導入

全国2陣営に

九州新幹線がエクスプレス予約、スマートEXを導入します。2022年春にサービス開始予定です。これにより、日本の全ての新幹線がチケットレスに対応します。

2022年春にサービス開始

JR東海、JR西日本、JR九州の3社は、東海道・山陽新幹線のインターネット予約サービスの「エクスプレス予約」と「スマートEX」について、九州新幹線に導入することを発表しました。2022年春までにサービスを開始します。

「エクスプレス予約」は、東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約・チケットレス乗車サービスです。年会費は1,100円で、スマートフォンやパソコンから新幹線チケットを割引価格で予約・購入できます。エクスプレス予約専用のICカードを使えば、チケットレスで新幹線に乗車できます。

「スマートEX」は、年会費無料の東海道・山陽新幹線のネット予約・チケットレス乗車サービスです。スマートフォンやパソコンから新幹線を予約できるのは「エクスプレス予約」と同じですが、チケットレス乗車にはSuicaやPASMOなどの交通系ICカードを使います。また、基本となるチケット価格は紙のきっぷとほぼ同じ金額です。

九州新幹線EXサービス
画像:JR九州

東京~鹿児島中央までチケットレス

これらの二つの新幹線インターネット予約サービスを「EXサービス」と総称しますが、これまでは東海道・山陽新幹線の東京~博多間のみが対象で、山陽新幹線と直通運転する九州新幹線では利用できませんでした。このため、山陽・九州新幹線を直通利用する旅客は、チケットレス乗車ができないなどの不便がありました。

しかし、2022年春にEXサービスのシステムを更新するのにあわせ、EXサービスのエリアを九州新幹線に拡大。博多~鹿児島中央間でも利用できるようになります。これにより、東京から鹿児島中央までチケットレスで新幹線に乗車することが可能になります。

広告

紙のきっぷの受け取り不要に

JR九州には独自のインターネット予約サービスがあり、九州新幹線のチケットをネットで購入することは今も可能です。ただ、チケットレスには対応しておらず、原則としてJR九州の主要駅で紙のきっぷを受け取って乗車する必要があります。

2022年以降は、九州新幹線内の乗車でもチケットレス利用ができるようになり、きっぷ受け取りの手間が省けます。

チケットレスが全新幹線に

東北・北海道・上越・北陸新幹線系統では、JR東日本などが、2019年度末をメドに、新たな新幹線IC乗車サービスを導入する予定です。これらの新幹線では、現在でも「モバイルSuica」を使えばチケットレス乗車が可能ですが、新たな新幹線IC乗車サービスでは、Suica、Kitaca、ICOCAといった交通系ICカードが使えます。

2022年に九州新幹線へのエクスプレス予約・スマートEXが導入されれば、2つの陣営に分かれるものの、日本の全ての新幹線で交通系ICカードによるチケットレス乗車が可能になります。(鎌倉淳)