東武鉄道が「プレミアムスペーシア」など商標出願。新型特急に5つの案

クルマみたいな名称も

東武鉄道が「プレミアム スペーシア」など5つの商標を出願したことが明らかになりました。開発中の新型特急の愛称とみられます。

広告

11月11日出願

東武鉄道は、2021年11月11日に5つの商標を出願し、11月30日に公開されました。公開された出願商標は出願番号順に以下の5つです。

「プレミアム スペーシア」
「スペーシア ルクス」
「スペーシア クロス」
「スペーシア エックス」
「グラン スペーシア」

役務は「鉄道による輸送及びこれに関する情報の提供」などです。

いずれも「スペーシア」という名称が含まれています。東武鉄道は11月11日に特急「スペーシア」の新型車両としてN100系の導入を発表していて、商標出願日と同日であることから、これら商標は特急「スペーシア」の新型車両の愛称または列車名、サービス名とみていいでしょう。

東武スペーシア新商標登録
画像:特許情報プラットフォームより

複数候補を同時出願

東武鉄道は、列車の愛称を商標として出願する際に、複数候補を同時出願する傾向があります。最近では、「SLふたら」について、2019年9月に「ふたら」「てんかい」「ききょう」の3つを同時出願。「THライナー」について、2019年3月に「TH LINER」「HiBiTo」「Smart Liner」の3つを同時出願しています。

2018年2月には「東武川越特急」「東武川越急行」「東武川越エクスプレス」「東武川越ライナー」の4商標を同時出願したこともありました。

今回は、それらを上回る5商標同時出願で、東武鉄道が新型「スペーシア」に賭ける意気込みが伝わってきそうです。

N100系
画像:東武鉄道プレスリリース
広告

有力候補は?

では、この5商標のうちどれが有力でしょうか。過去の例では、出願番号が若いほうが正式採用されやすい傾向がみられます。そう考えると、今回は「プレミアム スペーシア」が本命、「スペーシア ルクス」が対抗でしょうか。

ただ、空前の5商標同時登録ですし、出願順は関係ないと考えれば、「スペーシア クロス」や「グランスペーシア」もありそうです。個人的な感想では、「スペーシアクロス」や「グランスペーシア」はクルマみたいですが。

新型「スペーシア」N100系は2023年に導入予定です。これまでの特急「スペーシア」と同様、浅草~東武日光・鬼怒川温泉間で運行する予定。東武鉄道はN100系を「より上質なフラッグシップ特急」と位置づけていて、「プレミアム」「グラン」といった愛称候補からも、かなり豪華な車両になりそうです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事肥薩線観光列車の厳しい現実。「はやとの風」は「ふたつ星」に。
次の記事日本のLCCを一覧にしてみた。国内線76路線の全リスト