「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第16弾は6/5放送。中国山地を往復!

新ナレーターも登場

テレビ東京で「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第16弾が、2021年6月5日(土)に放送されます。今回のルートは「岡山・後楽園~山口・錦帯橋」で、マドンナは梅宮アンナです。(文中敬称略)

広告

マドンナは梅宮アンナ

テレビ東京の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」は、田中要次と羽田圭介のコンビが、ゲストのマドンナとともにローカル路線バスのみを乗り継ぐ旅番組です。3泊4日で目的地にたどり着けたら「成功」となります。

第16弾のマドンナは梅宮アンナで、年齢は48歳。前回の鈴木杏樹に続き、ベテラン女優の起用となりました。

今回のお題は「岡山・後楽園~山口・錦帯橋」。岡山市の後楽園がスタートで、ゴールは山口券岩国市の錦帯橋。途中のチェックポイントは尾道と出雲大社です。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第16弾 岡山・後楽園~山口・錦帯橋
【放送日】2021年6月5日(土)18時30分~21時48分
【出演】田中要次、羽田圭介、梅宮アンナ
【ナレーター】津田健次郎

中国山地を往復

「ローカル路線バスの旅Z」の新作オンエアは、2020年12月26日以来、約半年ぶり。新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の合間を縫って、4月にロケをおこなったようです。

スタートは岡山県岡山市の後楽園。ゴールは山口県岩国市の錦帯橋です。チェックポイントは尾道と出雲大社ですが、番組告知では「必ず立ち寄らなければならないが、どっちから攻めてもOK」との注釈が。つまり、岡山→出雲→尾道→岩国でも、岡山→尾道→出雲→岩国でも、どちらでも構わないということです。

いずれにせよ、中国山地を往復しなければなりませんので、簡単ではありません。山岳地帯の横断は、分け入る場所で成否の大勢が決まるので、田中・羽田コンビがどう決断をするかが見どころになりそうです。

新ナレーターに津田健次郎

田中・羽田チームのこれまでの結果は8勝7敗。失敗すれば8勝8敗の五分になり、負け越しの土俵際に追い込まれます。一行は、無事、山を越えて、ゴールできるのでしょうか。

なお、前回の第15弾で、ナレーションのキートン山田が引退しましたが、後任のナレーターは、なんと人気声優の津田健次郎となりました。こちらも楽しみです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事福岡地下鉄、長者原延伸は実現するか。福岡県が調査費計上へ
次の記事上瀬谷ラインに黄信号。相鉄がテーマパークの開発断念