「コロナ前」の水準遠く。JR特急利用者数ランキング2022年新春版

「ひたち」が気を吐くも

JR各社が2021-2022年末年始の特急列車の利用状況を発表しました。新型コロナウイルス感染症で沈んだ前年からの反動で大幅増となりました、対前々年の利用者数を超えた列車はありませんでした。

JR在来線特急の利用者数の詳細をランキング形式で見ていきましょう。一部快速列車も掲載しました。

広告

年末年始の利用状況

JR各社は列車利用状況の統計を「年末年始」「ゴールデンウィーク」「お盆」の3期のみ発表します。このうち「2020-2021年末年始の利用状況」がこのほど発表されましたので、各社の情報をまとめて、「年末年始の特急利用者数」をランキングにしてみました。

2021年12月28日~2022年1月5日の9日間の統計です。

ひたちE657系

在来線特急利用者数ランキング2022年新春版

順位 列車名 区間 利用者数 前年比 前々年比
1 あずさ、かいじ、富士回遊 八王子~相模湖 19.9 225% 70%
2 ひたち、ときわ 我孫子~土浦 17.5 239% 80%
3 サンダーバード 京都~敦賀 16.4 252% 68%
4 ひたち、ときわ 土浦~水戸 16.2 248% 79%
5 かもめ、みどり 鳥栖~肥前山口 15.0 224% 70%
6 マリンライナー 児島~宇多津 10.6 207% 73%
7 ソニック 小倉~行橋 10.4 187% 69%
8 あずさ 甲府~上諏訪 10.0 246% 76%
9 しおかぜ、南風など 岡山~児島 8.8 319% 76%
10 ひたち 水戸~高萩 8.0 253% 83%
11 カムイ、ライラック、オホーツク、宗谷 札幌~岩見沢 7.5 266% 81%
12 踊り子、湘南 横浜~熱海 6.5 257% 76%
13 しらさぎ 米原~敦賀 6.3 291% 68%
14 北斗、すずらん 東室蘭~苫小牧 5.7 290% 71%
15 しおかぜ 児島~宇多津 5.6 343% 76%
16 しおかぜ、いしづち 多度津~伊予三島 5.5 292% 75%
17 しなの 名古屋~多治見 4.9 223% 74%
18 ひたち 高萩~いわき 4.7 257% 95%
19 くろしお 和歌山~箕島 4.4 225% 67%
20 きのさき、まいづるなど 二条~亀岡 3.9 214% 68%
21 おおぞら、とかち 南千歳~トマム 3.7 255% 91%
22 やくも 岡山~新見 3.6 309% 72%
23 しなの 松本~長野 3.5 197% 77%
23 こうのとり 大阪~三田 3.5 192% 83%
25 ひだ 美濃太田~下呂 3.4 273% 64%
26 南風 児島~宇多津 3.1 296% 76%
27 わかしお 蘇我~大網 3.0 183% 80%
28 いなほ 新潟~村上 2.8 367% 67%
28 南風、しまんと 多度津~阿波池田 2.8 281% 74%
30 しおさい 千葉~佐倉 2.2 193% 81%
31 しらさぎ 名古屋~大垣 2.1 202% 75%
32 スーパーはくと 姫路~上郡 2.0 274% 73%
33 草津 高崎~渋川 1.9 210% *
33 宇和海 松山~宇和島 1.9 193% 76%
35 スーパーはくと 智頭~鳥取 1.8 279% 72%
36 うずしお 高松~徳島 1.4 169% 79%
37 日光、きぬがわ 大宮~栗橋 1.3 230% *
38 ひたち いわき~原ノ町 1.1 190%
39 しまんと、あしずり 高知~窪川 0.9 226% 75%
40 ひたち 原ノ町~仙台 0.8 179%
40 南紀 松阪~紀伊長島 0.8 314% 77%
40 ふじかわ 富士~富士宮 0.8 188% 74%
40 はまかぜ 姫路~寺前 0.8 146% 69%
44 しらゆき 直江津~長岡 0.7 228% 78%
44 ふじさん 御殿場~山北 0.7 240% 80%
46 成田エクスプレス 千葉~成田空港 0.5 147% 4%
46 さざなみ 蘇我~五井 0.5 152% 83%
46 スーパーいなば 智頭~鳥取 0.5 264% 71%
46 スーパーおき 新山口~益田 0.5 235% 71%
46 スーパーいなば 上郡~岡山 0.5 264% 69%
51 つがる 弘前~青森 0.4 140% 53%
51 サンライズ出雲・瀬戸 静岡~浜松 0.4 140% 82%
53 いなほ 酒田~秋田 0.3 170% 51%
54 リゾートしらかみ 秋田~青森 0.2 135% 66%
54 はるか 日根野~関西空港 0.2 138% 3%
56 伊那路 豊川~本長篠 0.1 251% 87%
56 サンライズ出雲 岡山~新見 0.1 135% 80%
56 うずしお 児島~宇多津 0.1 246% 79%
59 はまかぜ 岩美~鳥取 0.004 114% 66%

※マリンライナー、リゾートしらかみは快速列車。
*草津、日光・きぬがわはデータ不明
-ひたちのいわき~仙台間は前々年は運行なし

上記のランキングは、JR各社から広報発表された数字をまとめたものです。JR各社によって、区間選定の基準などがばらばらであることをご承知おきください。列車によっては複数区間でランキングに入っています。

広告

前年比2~3倍

今回の年末年始期間の調査対象日は12月28日(火)~1月5日(水)の9日間。年末年始の日並びとしては標準的です。新型コロナウイルス感染症のオミクロン株の感染爆発が起こる直前で、各列車とも帰省客で賑わい、前年に比べどの列車もおおむね2倍~3倍の利用者数を記録しています。

首位は中央線特急「あずさ、かいじ、富士回遊」で、19万9000人。前年比225%ですが、20万人に達しませんでした。以下、2位常磐線特急「ひたち、ときわ」、3位北陸線特急「サンダーバード」、4位長崎線特急「かもめ、みどり」までが15万人を超えました。

「ひたち」好調の理由

対前々年(2019-2020)で好調なのは常磐線特急「ひたち」で、高萩~いわきでは95%にまで回復しています。ただ、常磐線は2020年3月に全線復旧をしたため、根元にあたる区間で利用者数が底上げされているという特殊事情があります。

21位の「おおぞら、とかち」も対前々年比で91%と際立ちますが、その冬の北海道は降雪が少なくJRの利用が伸び悩んだという事情がありました。

そうした特殊事情のある列車を除くと、対前々年比ではおおむね70%程度の回復にとどまっていて、コロナ前には遠く及ばない状況がうかがえます。

空港特急は深刻

「成田エクスプレス」「はるか」の両空港特急の不振も改善していません。運休列車が多いこともあり対前々年比で3~4%にとどまっていて、深刻な状況に変わりはありません。

オミクロン株の流行が急速に広まるなか、1月や2月の3連休の旅行キャンセルも相次いでいるようです。次のランキングはゴールデンウィークですが、「コロナ前」にどこまで戻るのか、気がかりです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事東急、運賃値上げで「業界最安」を返上へ。渋谷~横浜以外はお高めで
次の記事「ローカル路線バスの旅Z 第18弾 輪島→御前崎」の正解ルートを考える。「史上最難関」は本当か