乗り放題きっぷが最大5割引。「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」の概要

「新北海道スタイル」の支援策

北海道の鉄道やバスなどの乗り放題きっぷが最大5割引になる施策の概要が明らかになりました。「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」というもので、北海道の公共交通の需要喚起の取り組みです。

広告

新北海道スタイル

「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」は、「新しい生活様式」の北海道内の実践に向けた取り組みである「新北海道スタイル」の構築に向けた支援策の一つです。

交通事業者が発行する乗り放題乗車券やクーポン券などについて、利用者が購入する際の費用の一部を道が負担することにより、活動自粛で失われた交通需要の喚起や道内周遊を促進するものです。あわせて、道内の交通事業者による新北海道スタイルの推進を図ります。

おおぞら、カムイ

感染予防策導入企業が対象

キャンペーンの事業内容は、交通事業者(鉄道、バス、タクシー、フェリー、航空)が発行する乗り放題乗車券やクーポン券などについて、利用者が購入する際の費用の一部を道が負担し、相当額などを補助します。

補助対象者は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に取り組む、公共交通を担う交通事業者等です。消毒やマスク着用など感染予防策を導入している交通事業者を支援する、という意味です。ただし、公営企業を除きます。

補助対象となるのは、交通事業者が発行する「乗り放題乗車券の割引額またはプレミアム付乗車回数券のプレミアム分」とされています。一事業者単独の場合は30%以内、複数交通モードの連携は50%以内の割引率となります。それに加えて、事業PR経費も補助対象です。

令和2年第2回北海道議会定例会追加提案補正予算
画像:北海道
広告

夏休みから開始

キャンペーンの実施期間は2020年7月~2021年1月の予定です。交通事業者の準備が整い次第、販売開始となります。なお、乗車券等の販売は2021年1月末、使用期間は2021年3月末までの予定です。

事業スキームは、まず公共交通事業者などが、道に対して補助申請を行い、交付決定の通知を受け取ります。その後、利用者に対して乗車券を販売し、利用者は3割引または5割引でそれを購入できます。公共交通事業者などは、北海道から割引相当額とPR経費などの補助金を受けることができます。

「新北海道スタイル」構築に向けた支援策ガイドブック
画像:「新北海道スタイル」構築に向けた支援策ガイドブック

枠組みとしてはシンプルで、利用者が事前にクーポンを購入するなどの手間はかからないようです。利用者には負担の少ない仕組みでしょう。

気になるのは、補助申請される「乗り放題乗車券やプレミアム付き乗車回数券」が具体的に何か、ということですが、これは事業者が判断するようです。キャンペーンの名称が「ぐるっと北海道」なので、北海道フリーきっぷは対象になりそうですが、まだ発表はありません。公営企業は対象外なので、札幌市営地下鉄や函館市電には適用されません。

割引補助の予算は9億5360万円です。詳細の発表を楽しみに待ちたいところです。

広告
関連広告
前の記事京成電鉄版「青春18きっぷ」発売。3日間乗り放題、複数人利用可
次の記事タイLCC「ノックスクート」が解散。日本線3路線も廃止へ