「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」第7弾は12/30放送。4時間枠で関西対決!

仁和寺~姫路城

テレビ東京系列の水バラ「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」の第7弾が12月30日に放送されます。今回の対決は京都~有馬温泉~姫路城。バスチームは太川陽介、浅田舞、ちゅうえいの3人。鉄道チームは村井美樹、田村亮、渚の3人が参戦します。(文中敬称略)

広告

ロンブー亮が登場

「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」は、ローカル路線バスを乗り継ぐチームと、ローカル鉄道を乗り継ぐチームが対決する旅番組です。

その第7弾として2020年12月30日に放送されるのが、「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅 京都~有馬温泉~姫路城」。「ルイルイ」こと太川陽介率いるバスチームと、「鬼軍曹」こと村井美樹率いる鉄道チームが、関西地方を舞台に乗り継ぎ対決します。

バスチームのメンバーは、太川陽介、浅田舞、ちゅうえい(流れ星)の3人。鉄道チームのメンバーは、村井美樹、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、渚(尼神インター)の3人です。リーダー以外の4人は、前回からメンバーを入れ替えています。最近のシリーズで定番となってきた「AKBグループ」からの参加はなく、注目メンバーは田村亮でしょうか。

前回は鉄道チームが勝利して3勝3敗の五分に戻しましたので、鬼軍曹としては連勝して勝ち越したいところ。ルイルイとしては連敗は避けたいところでしょう。

鉄道バス対決旅第7弾
Ⓒテレビ東京

水バラ ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅7 京都~有馬温泉~姫路城
【出演】太川陽介、浅田舞、ちゅうえい、村井美樹、田村亮、渚
【ナレーター】服部伴蔵門
【放送日】2020年12月30日(水) 17時55分~22時00分(テレビ東京系列)

広告

スタートは仁和寺

今回の舞台は関西地方です。スタートは京都の仁和寺、そこからバスチームはローカル路線バスを、鉄道チームはローカル鉄道を乗り継いで、2日間でゴールの姫路城を目指します。

途中のチェックポイントは4箇所。番組タイトルにある有馬温泉が、その一つでしょう。

ほかのチェックポイントはどこでしょうか。番組案内によりますと「道中には、日本三名泉のひとつ・有馬温泉や絶品の神戸牛、丹波篠山の高級年越しそばなど、立ち寄りたい観光名所や名物が目白押し!」とあります。つまり、有馬温泉にくわえ、神戸牛にまつわる名所、丹波篠山がチェックポイントに設定されていると見ていいでしょう。

京都市内や神戸市内は路線バスが豊富ですが、篠山エリアなるとそれほどでもありません。一方、鉄道は、JR篠山口駅から市中心部までは5kmほど離れているものの、仁和寺、有馬温泉、姫路城ともアクセスは良好。そうなると、ゲームバランスを整えるために、鉄道で行きにくい場所が、もう一つチェックポイントに加えられていそうです。

年末特番を相手に

ところで、今回の「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」は、なんと4時間5分という超長尺です。しかも12月30日のゴールデンタイムという激戦区でのオンエアです。それだけ、テレビ東京の期待も高いのでしょう。

ちなみに、主要局の裏番組は「アーヤと魔女」(NHK)、「有吉の壁」(日テレ)、「アメトーク」(テレ朝)、「日本レコード大賞」(TBS)、「世界のありえない映像大賞」(フジ)です。

「ブラタモリ」のような旅ロケの競合番組はないものの、各局が力を入れる年末特番が目白押しです。「乗り継ぎ対決旅」が強者相手にどこまで健闘するかも注目です。

なお、第7弾オンエアに先立って、テレビ東京では第6弾「松本城~高田城」の再放送が予定されています。12月29日の12時30分~16時00分です。見逃した方は、こちらも要チェックです。(鎌倉淳)

広告