日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 新駅 >> 中国・四国の新駅

中国・四国の新駅

中国・四国地方の新駅や新駅設置計画をまとめました。ある程度設置が具体化してきた新駅を中心に、位置や開業予定時期をご紹介します。

錦川鉄道錦川清流線「清流みはらし駅」

錦川清流線の南桑-根笠駅間(岩国市)。「乗用車や徒歩では行けない秘境の駅」として建設されます。イベント列車のみ停車する、観光用の駅。開業予定は2019年秋です。

JR予讃線「南伊予駅」

画像:JR四国プレスリリース

予讃線北伊予~伊予横田間(伊予市)。愛媛県伊予市からの要望により、「JR松山駅付近連続立体交差事業に伴う車両基地・貨物駅等周辺整備対策事業」の一環として設置されるもので、北伊予駅から1.6km、伊予横田駅から1.1kmの地点に位置します。2020年春の開業予定です。

JR赤穂線「東岡山駅・大多羅駅間新駅」

赤穂線東岡山-大多羅駅間(岡山市)。岡山城東高等学校周辺への新駅設置を岡山市が働きかけています。現時点では事業化しておらず、開業予定も未定です。

ごめん・なはり線「あき総合病院前駅(仮称)」

土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の安芸~球場前間に設置する新駅です。同線の沿線自治体などで構成する「ごめん・なはり線活性化協議会」の2018年12月5日の総会で、設置が正式に決まりました。整備費用は約1億5000万円が見込まれ、国、県、沿線市町村がそれぞれ3分の1ずつ負担します。2021年3月開業予定。

吉備線LRTにともなう新駅

吉備線のLRT化計画にともない、同線に複数の新駅が建設されます。詳細な位置などは未定です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP