日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 首都圏 >> 東京メトロ豊住線

東京メトロ豊住線

豊住線とは、東京メトロ有楽町線豊洲駅~半蔵門線住吉駅を結ぶ地下鉄の新線です。「豊洲」と「住吉」の頭文字を取って「豊住線」といいます。有楽町線(東京8号線)の支線と位置づけられていて、「東京8号線延伸」とも表記されます。

1972年の都市交通審議会答申第15号で豊洲~住吉~押上~亀有間が盛り込まれたのが最初です。2016年国土交通省交通政策審議会答申には豊洲~住吉間が記載されました。開業予定時期は未定です。

東京メトロ豊住線の概要

東京メトロ豊住線は、有楽町線(東京8号線)の支線です。豊洲駅から分岐して、半蔵門線の住吉駅に至ります。

東京メトロは自力で建設する意思を示しておらず、現時点では正式決定した路線計画はありません。

江東区の整備計画では、上下分離方式で建設し、メトロが運行主体になるとしています。路線長は豊洲~住吉間約4.8kmで、途中3駅が設けられます。途中駅は、東陽町駅と、豊洲~東陽町間、東陽町~住吉間の概ね中間地点に各1駅を想定しています。

有楽町線豊洲駅のホームは分岐線の建設に対応できるよう2面4線で建設されており、中央側の2線が空いています。また、半蔵門線の住吉駅ホームも上下2層式の2面4線となっており、このうち2線が将来の分岐線用として確保されています。

そのため、豊住線が完成すれば、有楽町線池袋方面と、半蔵門線押上方面へ直通できる構造になります。現時点では列車の運行形態は決まっていませんが、東京メトロは、開業した場合、池袋方面から住吉方面への直通列車を運転する姿勢を示しています。

総事業費は1,420億円です。開業予定時期は未定ですが、江東区では2018年度に着手した場合、2027年度に開業できるとしています。

画像: 江東区

東京メトロ豊住線の沿革

地下鉄豊住線は、東京8号線(有楽町線)整備の一環として誕生しました。1972年の都市交通審議会答申第15号にて、東京8号線計画に豊洲-東陽町-住吉町-押上-亀有間が追加されたのが、豊住線の始まりです。1982年には、営団地下鉄が8号線豊洲-亀有間 (14.7km) の鉄道事業免許を申請し、実現への期待が高まりました。しかし、この免許は未交付に終わりました。

1985年の運輸政策審議会答申第7号では、「東京8号線の建設及び複々線化」として、豊洲-住吉-押上-亀有-武蔵野線方面への延伸が答申されました。このとき、住吉-四つ木間は東京11号線(半蔵門線)と共用する計画となっています。豊洲-亀有間の計画の目標年次は2000年とされました。

1988年には有楽町線が豊洲駅まで開業し、住吉方面への分岐に備えた2面4線の構造となりました。ただ、その後も豊住線区間は着工に至らず、2000年の運輸政策審議会答申第18号では、豊洲~住吉間と押上~四ツ木~亀有~野田市間が2015年度までに整備に着手するのが適当な路線(押上~四ツ木間は東京11号線と共用)とされました。

2004年に営団地下鉄が民営化され東京メトロになると、同社は副都心線を最後に新線建設を行わない方針を表明します。これにより豊住線の建設期待はしぼみましたが、2010年に地元江東区が事業化に関する検討を独自に開始。2013年に「東京8号線(豊洲~住吉間)延伸に関する調査報告書」を公表します。

2015年7月10日、東京都は「広域交通ネットワーク計画について≪交通政策審議会答申に向けた検討のまとめ≫」を公表。そのなかで、豊住線を「整備について優先的に検討すべき路線」のひとつとしました。

さらに、2016年4月20日の交通政策審議会答申第198号「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」では、豊住線は「国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト」に位置づけられました。これにより、豊住線は建設に向け大きく前進したと言えます。

このように、豊住線は、豊洲~住吉間だけの計画ではありません。おおざっぱにいうと、有楽町線の豊洲から半蔵門線押上を経て、埼玉・千葉方面へ伸びる構想のうち、江東区部分だけを切り取ったのが豊住線です。押上以北の構想実現は望み薄ですが、豊洲~住吉間のみは実現性がありそうです。

東京メトロ豊住線データ

東京メトロ豊住線データ
営業構想事業者 東京メトロ
整備構想事業者 未定(第三セクターを想定)
路線名 未定
区間・駅 豊洲~中間駅1~東陽町~中間駅2~住吉
距離 約4.8km
種別 第一種鉄道事業
種類 普通鉄道
軌間 1067mm
電化方式 1500V
単線・複線 複線
開業予定時期 未定(2027年頃?)
備考 --

東京メトロ豊住線延伸の今後の見通し

答申第198号では「事業計画の検討は進んでおり、事業化に向けて関係地方公共団体・鉄道 事業者等において、費用負担のあり方や事業主体の選定等について合意形成を進めるべき」と記されました。「合意形成を進めるべき」とはかなり前向きな表現で、「さっさと合意して作りなさい」と言っているようなものです。

沿線自治体も国も建設に前向きで、運営主体となる東京メトロも協力姿勢を示していることから、豊住線の実現性可能性はかなり高いとみられます。

開業予定時期は未定ですが、江東区では「一般的な地下鉄整備の工程を考えた場合、事業化決定から開通まで概ね10年を要すると見込まれます」としています。「このうち約3年が都市計画決定、環境影響評価等の手続き期間、約7年が整備・試運転等の期間」とのことです。

現状は都市計画決定にも至っていないので、早くても開業は2030年頃になると見られます。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP