日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 首都圏 >> 多摩モノレール

多摩モノレール延伸

多摩モノレール(多摩都市モノレール)は、多摩センター~上北台間約16kmを結ぶ路線です。全体構想は約93kmに及び、上北台~箱根ヶ崎間、多摩センター~町田間、多摩センター~八王子間などの延伸計画があります。延伸区間の開業予定時期は未定です。

多摩モノレール延伸の概要

多摩モノレールは、1981年に「多摩都市モノレール等基本計画調査報告」が発表されたことで計画が動き出しました。この報告書では、構想路線は約93kmとされ、町田~多摩センター~上北台~箱根ヶ崎の南北軸と、是政~唐木田~八王子の東西軸が計画されました。そのほか、八王子~箱根ヶ崎間や、八王子~立川間なども構想路線に含まれています。

その後、1期区間として立川北駅~上北台駅が1998年に開業。2期区間として2000年に立川北駅~多摩センター駅間が開業しています。しかし、その後の延伸については、多摩都市モノレールの経営不振もあり、話が進みませんでした。

ようやく、延伸が本格的に議論されるようになったのは、2008年4月に「多摩都市モノレール経営安定化計画」が策定され、同社の経営が安定してからです。とはいえ、現時点では事業化が決定した延伸区間はありません。

画像:町田市

箱根ヶ崎延伸

多摩モノレールの残る計画区間のうち、事業化に向けて最も進んでいるのが上北台~箱根ヶ崎間の「箱根ヶ崎延伸(箱根ヶ崎ルート)」です。上北台から西折れて新青梅街道に入り、JR八高線箱根ヶ崎に至る約6.7kmの区間です。

導入空間となる新青梅街道の拡幅が進んでおり、2021年度までに拡幅工事が完了する予定。完成すればモノレール用地がすべて確保されることになり、モノレール着工の条件が整います。

沿線には鉄軌道のない武蔵村山市があり、モノレール延伸を悲願として熱心な建設運動を続けています。導入用地の確保と沿線の盛り上がりという条件が揃い、「箱根ヶ崎延伸」は、他の構想区間より先んじて事業化されそうです。建設費は約800億円です。

箱根ヶ崎延伸では、新たに7つの駅が設けられます。公式資料が見当たらないので正確な位置は不明ですが、地元ブログの情報を見ると、学園三丁目交差点付近、村山病院北交差点付近、本町1丁目交差点付近、三ツ木交差点付近、青岸橋東交差点付近、瑞穂武蔵付近、箱根ヶ崎の7駅のようです。

町田延伸

多摩センター~町田間の「町田延伸(町田ルート)」は、多摩センターから、小山田緑地、小山田桜台団地、都道47号線を経て町田駅に至る約13kmの路線です。

都道47号線を中心に導入空間道路の確保が進んでいて、全体の半分の約7kmで導入空間が確保されています。ただ、残り区間では道路計画がない部分もあり、モノレール事業化へはもう少し時間がかかります。建設費は約1700億円です。

八王子延伸

多摩センター~八王子間の「八王子延伸(八王子ルート)」は、多摩センターから、小田急多摩線唐木田駅付近、京王相模原線南大沢駅付近、多摩美術大学付近を経由して、八王子ニュータウンの横浜線八王子みなみ野駅付近を通り、JR八王子駅へ至る延長約17kmの路線です。

こちらも一部区間で導入空間道路の確保が進められています。建設費は約1900億円です。


画像:八王子市

このほか、箱根ヶ崎からさらに延伸し、羽村を経て八王子までを結ぶ路線、唐木田付近で延伸八王子ルートから分岐し、若葉台・南多摩を経て是政までを結ぶ路線、八王子から小宮・日野を経て甲州街道までを結ぶ路線が構想されていますが、具体化する見通しは立っていません。

多摩モノレールのすべての延伸区間の開業予定時期は未定です。

多摩モノレール延伸の沿革

1981年度に「多摩都市モノレール等基本計画調査報告」が発表され、約93kmの路線構想が明らかにされました。1987年12月には、多摩都市モノレール(株)が軌道法に基づく特許取得。1期区間の立川北駅~上北台駅が1998年に開業し、2期区間の立川北駅~多摩センター駅間が2000年に開業しています。

2000年の運輸政策審議会答申第18号では、上北台~箱根ヶ崎間について、「2015年までに整備に着手することが適当」とされ、多摩センター~町田、八王子に関しては「今後整備について検討すべき路線」とされました。

2016年4月20日の交通政策審議会答申第198号「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」では、箱根ヶ崎、町田、八王子への延伸が「地域の成長に応じた鉄道ネットワークの充実に資するプロジェクト」として答申されています。

多摩モノレール延伸データ

多摩モノレール延伸データ
営業構想事業者 多摩都市モノレール
整備構想事業者 未定
路線名 多摩モノレール
区間・駅 上北台~箱根ヶ崎、多摩センター~町田、多摩センター~八王子
距離 約6.7km(箱根ヶ崎延伸)、約13km(町田延伸)、約17km(八王子延伸)
種別 未定
種類 モノレール
軌間 --
電化方式 1500V
単線・複線 複線
開業予定時期 未定
備考 --

多摩モノレール延伸の今後の見通し

答申第198号では、箱根ヶ崎延伸について「導入空間となりうる道路整備が進んでおり、事業化に向けて関係地方公共団体・鉄道事業者等において具体的な調整を進めるべき」とあり、かなり前向きな表現です。新青梅街道の整備が終わる2022年度以降に、事業化が進められるとみられます。

町田延伸については、「導入空間となりうる道路整備が前提となるため、その進捗を見極めつつ、事業化に向けて関係地方公共団体・鉄道事業者等において具体的な調整を進めるべき」とあり、まずは道路整備を優先すべきとの姿勢です。導入区間となる道路整備が順調に進めば、町田延伸は実現性のある計画とみられます。

八王子延伸については、「事業性に課題があるため、関係地方公共団体・鉄道事業者等において、事業計画について十分な検討が行われることを期待」とあります。事業性に課題、という表現は後ろ向きで、すぐに事業化する見通しは立っていないとみていいでしょう。

それ以外の区間については、構想の域を出ておらず、実現へ向けて可能性が高まっているようにはみえません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP