日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 新幹線 >> 四国横断新幹線

四国横断新幹線

四国横断新幹線は、岡山市から高知市に至る新幹線です。全国新幹線鉄道整備法における基本計画路線と位置づけられています。また、「四国新幹線」の計画とあわせて位置づけられることもあります。

詳細なルートは未決定で、着工の予定はいまのところなく、開業予定時期も未定です。

四国横断新幹線の概要

四国横断新幹線は、岡山市から高知市に至る新幹線の基本計画路線です。瀬戸大橋を渡り、四国を南北に貫く新幹線計画です。総延長は約150kmです。

おおまかなルートとしては、山陽新幹線岡山駅から、瀬戸大橋線の児島駅に至り、瀬戸大橋を渡り宇多津駅に出て、そこから高知を目指します。

宇多津から高知への経路は未定ですが、最新の構想では、宇多津駅~四国中央市(川之江・伊予三島)までは四国新幹線(徳島~高松~松山)と線路を併用します。四国中央市から南に向かい、高知市に達します。四国中央~高知間は、四国山脈を貫くルートになります。

瀬戸大橋は鉄道道路併用橋となっていて、児島~宇多津間は新幹線が通るルートが確保されています。本州側の児島駅と、四国側の宇多津駅には、新幹線のホームを設置するスペースが確保されていて、いずれも駅前広場として使われています。

四国横断新幹線は、1973年に「建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画」に盛り込まれました。しかし、現在に至るまで、瀬戸大橋区間以外で建設へ向けた動きはなく、具体的なルートや途中駅などは一切未定です。

2014年に四国4県と四国経済連合会、JR四国などによる「四国の鉄道高速化検討準備会」が四国横断新幹線について建設費などを調査しました。それによりますと、四国横断新幹線を岡山~高知間で単独整備した場合、路線延長は143km、概算事業費は7,260億円(建設費は7,100億円、車両費160億円)と試算されました。

整備後の所要時間は新大阪~高知間が92分で結ばれると試算しています。

この試算では、平均輸送密度は1日6,100人で、費用便益比は0.59にとどまるとしています。

このため、同準備会では、四国横断新幹線とあわせた四国の県庁所在地を結ぶ新幹線網を提言。具体的には、四国横断新幹線・岡山~高知間と、四国新幹線の徳島~松山間を整備するというものです。前述したとおり、両新幹線の経路が重なる宇多津駅~四国中央市付近は、線路を共用します。

画像:四国の新幹線実現を目指して

この場合、路線総延長は302km、概算総事業費は1兆5700億円(建設費1兆5300億円、車両費410億円)です。完成すれば新大阪~徳島が95分、新大阪~高松が75分、新大阪~松山が98分、新大阪~高知が91分で結ばれるとしています。輸送密度は1日9,000人ですが、費用便益比は1.03になるとしました。

四国横断新幹線の沿革

1970年の全国新幹線整備法制定後、1973年11月15日に「建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画」に四国横断新幹線が盛り込まれました。いわゆる「基本計画路線」の一つです。

その後建設に向けた具体的な動きはほとんどありませんでしたが、2010年代に入り、地元自治体などが新幹線誘致に本腰を入れ始めます。「四国の鉄道高速化検討準備会」が設立され、2014年4月に「四国における鉄道の抜本的高速化に関する基礎調査」の結果をまとめました。

2016年3月に国土交通省が公表した「四国圏広域地方計画」では、「鉄道の抜本的な高速化」が「長期的な検討課題」とされました。

2017年7月6日にはオール四国で新幹線誘致を推進する新組織として「四国新幹線整備促進期成会」が発足しています。

四国横断新幹線のデータ

四国横断新幹線のデータ
営業事業者 未定
整備事業者 未定
路線名 四国横断新幹線
区間・駅 岡山市~高知市
距離 143km
種類 未定
軌間 1,435mm
電化方式 交流25,000V
単線・複線 未定
開業予定時期 未定
備考 --

四国横断新幹線の今後の見通し

新幹線の基本計画では、四国横断新幹線は岡山から宇多津を経て高知に至るルートです。本州と四国を結ぶ新幹線で、大きく分けて北半分の瀬戸大橋区間と、南半分の四国山地区間があります。

瀬戸大橋区間は利用者も多いので、新幹線が必要とされますが、四国山地区間は、多くの利用者を見込めません。四国に新幹線を建設する場合、岡山~宇多津~松山がメインルートになるとみられ、南半分の建設の優先度は低いと言えます。

しかし、四国への新幹線実現を目指す四国4県が「四国新幹線」と「四国横断新幹線」をひとまとめにして、十字型のルートを当面の計画としたため、セットで建設運動が進められそうです。

現在の構想では、すでに新幹線の導入空間が確保されている瀬戸大橋を本四間のルートとし、宇多津で高松・徳島方面、松山・高知方面に分かれる系統となります。全線建設しても建設費は1兆円程度と安く、実現性としては基本計画路線のなかで上位にありそうです。

主力となるのは松山方面でしょう。一方で、大阪からの経路が大回りになる徳島への路線や、人口密度の低い高知方面への路線を、本当に作るのか、という疑問もあります。

こうしたことから、最新の計画案は「オール四国」の形を当面整えるだけのものではないか、という印象が否めないのも事実です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP