日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 新幹線 >> 山陰新幹線

山陰新幹線

山陰新幹線は、大阪市から鳥取県鳥取市、島根県松江市を経て、山口県下関市に至る新幹線です。全国新幹線鉄道整備法における基本計画路線と位置づけられています。詳細なルートは未決定で、着工の予定はいまのところなく、開業予定時期も未定です。

山陰新幹線の概要

山陰新幹線は、大阪から鳥取県、島根県を経由して山口県に至る新幹線の基本計画路線です。おおざっぱなルートとしては、新大阪駅から福知山線・山陰本線に沿う形で新下関駅に至ります。

1973年に「建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画」に盛り込まれました。しかし、現在に至るまで建設へ向けた動きはなく、具体的なルートや途中駅などは一切未定です。

建設される場合、新大阪駅から福知山市、豊岡市、鳥取市、倉吉市、米子市、松江市、出雲市、大田市、江津市、浜田市、益田市、萩市、長門市を経由して新下関駅に至り、山陽新幹線と合流すると思われます。

山陽新幹線の新下関駅は2面3線ですが、将来的に1線増設できる構造になっており、山陰新幹線との接続が考慮されています。ただ、山陰新幹線の建設準備として目にするものはこの程度で、現時点ではまったくの構想段階にすぎません。

沿線自治体で構成する山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議の試算では、超高速鉄道網の整備費は、新幹線が3兆910億円、リニアモーターカーが13兆3537億円としています。

2018年2月に行われた同会議による「山陰新幹線の早期実現を求める松江大会」資料によりますと、山陰新幹線と伯備新幹線(中国横断新幹線)の整備を3段階で目指すとしています。

画像:山陰新幹線の早期実現を求める松江大会報告書(2018年2月)

第1段階として、北陸新幹線・大阪~小浜間を「山陰新幹線との共用区間」とみなし、整備します。第2段階として、山陰新幹線の小浜~鳥取~米子間と、伯備新幹線の岡山~米子~松江~出雲間を整備します。第3期として残りの区間(出雲市~下関市)を整備するとしています。

また、区間によっては単線整備や、山形新幹線のようにミニ新幹線での整備したうえで、フル規格化を目指すという方式も検討するとしています。

この「北陸新幹線共用方式」で整備した場合、京都~天橋立・城崎温泉が40~45分程度、大阪~天橋立・城崎温泉が55~60分程度、京都~鳥取が50~55分程度、大阪~京都が65~70分程度、大阪~松江が1時間半程度になるとしています。

山陰新幹線の沿革

1970年の全国新幹線整備法制定後、1973年11月15 日に「建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画」に山陰新幹線が盛り込まれました。いわゆる「基本計画路線」の一つです。

ただ、その後建設に向けた具体的な動きはほとんどありませんでした。2010年代になり、整備新幹線の完成が視野に入ってくると、ようやく2013年に、沿線自治体で構成する山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議が発足。リニア方式を含めた新幹線整備へ運動を開始しています。

山陰新幹線のデータ

山陰新幹線のデータ
営業事業者 未定
整備事業者 未定
路線名 山陰新幹線
区間・駅 大阪市~鳥取市~松江市~下関市
距離 約550km
種類 未定
軌間 1,435mm
電化方式 交流25,000V
単線・複線 未定
開業予定時期 未定
備考 --

山陰新幹線の今後の見通し

山陰新幹線の総延長は約550km。新幹線の基本計画路線では、羽越新幹線に次ぐ長さです。ただ、羽越新幹線が上越・北陸新幹線との共用区間が部分開業しているのと比べて、山陰新幹線の開業区間はゼロ。したがって、未開業の新幹線基本計画路線として、山陰新幹線は最長距離となります。

推進市町村会議では、費用がかかりすぎる大阪近郊を北陸新幹線と共用することで建設せずに済ませ、小浜市付近から舞鶴市、豊岡市、鳥取市へと向かうルートをたどることを想定。単線区間を容認し、ミニ新幹線も活用するという現実策を採っています。

それでも山陰新幹線はあまりに長いため、建設するとなると高額な建設費がかかります。しかし、主要沿線となる鳥取・島根両県の人口はあわせて120万人程度にすぎません。そういう状況を鑑みれば、建設への道のりは遠いといわざるをえません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP