日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 首都圏 >> 都心部・臨海地下鉄

都心部・臨海地域地下鉄構想

都心部・臨海地域地下鉄構想は、東京の臨海部~銀座~東京駅を結ぶ地下鉄構想です。東京駅からつくばエクスプレスに乗り入れる形が想定されています。

2016年国土交通省交通政策審議会答申198号に「国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト」として盛り込まれました。開業予定時期は未定です。

都心部・臨海地域地下鉄構想の概要

都心部・臨海地域地下鉄構想は、東京臨海部と銀座・東京駅を結ぶ地下鉄計画です。現時点では経路や完成時期などの決定事項はありません。構想段階の地下鉄路線です。

東京都中央区がまとめた「都心部と臨海部を結ぶ地下鉄新線の整備に向けた検討調査」によりますと、銀座駅付近(新銀座駅)と国際展示場駅付近(新国際展示場駅)の4.8kmを結ぶ計画で、晴海通りと環状2号の地下などを通る2ルートが検討されています。

「Aルート」が晴海通りと環状2号線の間の道路を通り、「Bルート」は概ね晴海通り地下を通ります。 途中駅は、新築地駅、勝どき・晴海駅、新市場駅の3駅か、勝どきと晴海の両方に駅を設置する4駅の案があります。

画像:都心部と臨海部を結ぶ 地下鉄新線の整備に向けた検討調査報告書

その後、2016年4月の交通政策審議会答申第198号「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」では、常磐新線(つくばエクスプレス)東京駅延伸との一体整備が提案されました。これは、臨海地下鉄だけでは盲腸線となり、事業性に難があるためです。

そのため、建設されるとすれば、つくばエクスプレスが秋葉原駅から東京駅(丸の内仲通り)まで伸びて、日比谷付近で晴海通りへ折れ、豊洲市場付近から環状2号に移り、国際展示場に至るルートが有力となりそうです。

都心部・臨海地域地下鉄構想の沿革

東京臨海地域への地下鉄導入に関して、最初に検討を開始したのは中央区です。東京オリンピックやその後の再開発計画により、都心・臨海部間の交通需要の増大が懸念され、2014年度より地下鉄導入の検討調査を開始しました。2015年3月に「都心部と臨海部を結ぶ地下鉄新線の整備に向けた検討調査」の報告書をまとめ、同年6月区議会に報告しています。

その後、東京都が2015年7月10日に発表した「広域交通ネットワーク計画について≪交通政策審議会答申に向けた検討のまとめ≫」で、臨海地域地下鉄構想が盛り込まれ、「整備について検討すべき路線」とされました。

それを受けて、2016年4月20日の交通政策審議会答申第198号「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」では、常磐新線(つくばエクスプレス)との一体整備および直通運転が「国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト」として盛り込まれました。

都心部・臨海地域地下鉄構想のデータ

都心部・臨海地域地下鉄データ
営業構想事業者 未定
整備構想事業者 未定
路線名 未定
区間・駅 東京~新銀座~国際展示場
距離 4.8km(新銀座~国際展示場)
種別 未定
種類 普通鉄道
軌間 1067mm
電化方式 1500V
単線・複線 複線
開業予定時期 未定
備考 --

都心部・臨海地域地下鉄構想の今後の見通し

東京臨海部や湾岸エリアへの地下鉄構想は、2015年に公表された比較的歴史の浅いプロジェクトです。そのため、計画はまだ未熟です。

答申第198号では「都心部・臨海地域地下鉄構想は事業性に課題があり、検討熟度が低く構想段階であるため、関係地方公共団体等において、事業主体を含めた事業計画について、十分な検討が行われることを期待」と記されました。

要約すると「もっと調査しなさい」ということです。そのため、今後はさらなる調査のうえ、具体的な事業計画の策定が待たれます。路線開業には、まだ相当の時間がかかるとみられます。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP