日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 新幹線 >> 奥羽新幹線

奥羽新幹線

奥羽新幹線は、福島市から山形市を経由して秋田市に至る新幹線計画です。全国新幹線鉄道整備法における基本計画路線と位置づけられています。ミニ新幹線として開業している山形新幹線と秋田新幹線とは別の、フル規格の新幹線を作る構想です。着工予定はいまのところなく、開業予定時期も未定です。

奥羽新幹線の概要

奥羽新幹線は、福島~秋田を結ぶ新幹線の基本計画路線です。在来線の奥羽線に沿う形です。

1973年に「建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画」に盛り込まれましたが、現在に至るまで、具体的な建設予定はありません。

画像:山形県リーフレット

ただし、奥羽新幹線計画の区間では、在来線を改軌した山形新幹線が福島~新庄間と、同じく秋田新幹線が大館~秋田間で開業してます。これらは、在来線に新幹線の車両を乗り入れさせ新在直通運転をしているものです。在来線区間(ミニ新幹線区間)は最高時速130km程度に過ぎませんが、フル規格の東北新幹線に直通して東京まで運転されます。

ミニ新幹線は、新幹線鉄道整備法に定義されたフル規格の高速新線とは異なります。したがって、運行中の山形・秋田新幹線と、奥羽新幹線は別の構想です。

奥羽新幹線がフル規格で建設される場合の経路は、東北新幹線福島駅から、米沢市、南陽市、上山市、山形市、天童市、村山市、尾花沢市、新庄市、湯沢市、横手市、大仙市を経由して、秋田駅に至ると思われます。

奥羽新幹線の建設計画は具体化していませんが、板谷峠に山形新幹線用として23kmの長大トンネルを掘る計画が検討されています。2017年までにJR東日本が調査し、山形県にその結果を伝えました。それによりますと、板谷峠トンネルが完成すれば、現在の山形新幹線の所要時間が10分程度短縮されるそうです。

板谷峠トンネル事業費は1500億円で、将来のフル規格新幹線を想定した大きさにする場合は、120億円余分にかかります。板谷峠トンネルがフル規格新幹線仕様で作られるならば、その部分だけ、実質的に奥羽新幹線が着工することになります。

山形県の資料によりますと、奥羽新幹線が全線フル規格で実現した場合、東京~米沢間が約1時間30分、東京~山形が2時間以内、東京~新庄が約2時間30分で結ばれるとしています。東京~山形間で約30分の短縮、新庄で40分の短縮です。

また、秋田県の資料によりますと、東京~秋田間は、奥羽新幹線で約2時間30分になるということで、約1時間20分の短縮になります。

奥羽新幹線の沿革

1970年の全国新幹線整備法制定後、1973年11月15日に奥羽新幹線の基本計画が決定しました。

しかし、2000年代まで具体的な建設の動きはほとんどありませんでした。2010年代になり、整備新幹線の完成が視野に入ってくると、山形県を中心に建設運動が始まります。

2015年には、山形県知事がJR東日本を訪れ、板谷峠トンネルの掘削調査を依頼。2017年11月にその調査結果が山形県に伝えられました。

また、2016年5月22日には、山形県が、地元自治体や経済界で構成する「山形県奥羽・奥羽新幹線整備実現同盟」を発足させています。

2017年8月9日には、奥羽、羽越両新幹線のフル規格での整備を目指し、山形県を事務局として沿線6県(青森、秋田、山形、福島、新潟、富山)の担当課長などで構成される「羽越・奥羽新幹線関係6県合同プロジェクトチーム(羽越・奥羽新幹線PT)が発足。日本海側の県で連携して建設運動に取り組む方針が示されました。

羽越・奥羽新幹線PTは沿線エリアの地域ビジョンや費用対効果、整備手法の3項目について調査・検討を進め、2019年度をめどに最終報告書を取りまとめる方針です。

奥羽新幹線のデータ

奥羽新幹線のデータ
営業事業者 未定
整備事業者 未定
路線名 奥羽新幹線
区間・駅 福島~山形~秋田
距離 約270km
種類 未定
軌間 1,435mm
電化方式 交流25,000V
単線・複線 未定
開業予定時期 未定
備考 --

奥羽新幹線の今後の見通し

奥羽新幹線の建設を強く推進しているのは山形県です。山形県の主要都市を貫くフル規格新幹線が実現して、もっとも恩恵を受けるのが山形県だからでしょう。秋田県も前向きですが、いまのところ建設運動は山形県が中心となっている印象です。

奥羽新幹線の計画区間の半分以上には、すでにミニ新幹線が通っており、それを理由に建設順位で後回しにされる可能性もあります。また、すでにミニ新幹線が通っているのに、巨額の建設費を負担して、並行在来線問題まで生じさせてフル規格を求めるのか、という指摘も今度出てきそうです。

現状では、おそらく板谷峠トンネルがフル規格仕様で作られ、福島~米沢間が実質的にフル規格の先行開業区間になるのでは、と予想されます。福島~米沢間で時速260km運転ができれば本物のフル規格ですが、それができるかはまったくわかりません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP