日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 首都圏 >> 東西交通大宮ルート

東西交通大宮ルート

東西交通大宮ルートは、大宮-さいたま新都心-浦和美園を結ぶ鉄道新線計画です。中量輸送機関の導入を構想しています。

具体的な計画は進んでおらず、構想段階です。実現の見通しはついておらず、開業予定時期も未定です。

東西交通大宮ルートの概要

さいたま市は、東西方向の軌道系交通機関が貧弱です。とくに、埼玉スタジアム2002に近い浦和美園地区は、大宮、浦和などさいたま市の中心部と隔絶しています。この状態を解消するために構想されているのが、東西交通大宮ルートです。

2016年交通政策審議会答申第198号「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」では「まちづくりが進められている大宮駅周辺地区と浦和美園地区とのアクセス利便性の向上」を期待する路線とされました。同時に、「収支採算性に課題がある」とも指摘されており、「沿線開発や交流人口の増加に向けた取組」などを求められています。

実際のルートは未定です。さいたま市ではLRTやBRTの導入を検討しているようですが、導入予定とみられる道路空間も見当たりません。現時点では、「大宮、さいたま副都心と浦和美園を結ぶ」という以外に、公式の計画案は公表されておらず、開業予定時期なども未定です。

画像:交通政策審議会答申第198号「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」(2016)

東西交通大宮ルートの沿革

東西交通大宮ルートは、2000年の運輸政策審議会答申第18号で「今後整備について検討すべき路線」とされ、「大宮~さいたま新都心~県営サッカースタジアム」が盛り込まれました。

続く2016年の交通政策審議会答申第198号では、「地域の成長に応じた鉄道ネットワークの充実に資するプロジェクト」とされ、「大宮~さいたま新都心~浦和美園」が盛り込まれました。

2017年に改定された「さいたま市都市交通戦略」にも盛り込まれています。

東西交通大宮ルートのデータ

東西交通大宮ルートのデータ
営業事業者 未定
整備事業者 未定
路線名 未定
区間・駅 大宮-浦和美園
距離 未定
種別 未定
種類 未定
軌間 未定
電化方式 未定
単線・複線 未定
開業予定時期 未定
備考 --

東西交通大宮ルートの今後の見通し

東西交通大宮ルートは、現時点では全くの構想段階で、今後の見通しは立っていません。

2016年の交通政策審議会答申第198号では「中量交通機関」とされていて、さいたま市では、まずはBRTとして運行を開始できないか模索しているようです。ただ、専用走行路などを確保するほどの道路空間はなく、実現したとしても、当面は一般道の走行にとどまるとみられます。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP