日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 首都圏 >> 都営地下鉄大江戸線

都営地下鉄大江戸線延伸

都営地下鉄大江戸線は、都内を回る環状部と、都庁前~光が丘間の放射部で構成されます。このうち、放射部の終点光が丘駅から、大泉学園町や東所沢まで延伸する計画があります。これが大江戸線の延伸計画です。大江戸線は東京12号線と表記されるので、「東京12号線延伸」とも呼ばれます。開業予定時期は未定です。

都営地下鉄大江戸線延伸の概要

都営地下鉄大江戸線(東京12号線)のうち、都庁前~光が丘間の放射部を、大泉学園町を経て東所沢まで延伸しようとうのが、大江戸線の延伸計画です。

このうち、光が丘~大泉学園町間3.2kmについてはすでに導入空間となる道路が事業化されていて、都市計画道路補助230号線の整備が進んでいます。途中駅として、土支田駅(仮称)、大泉町駅(仮称)、大泉学園町駅(仮称)の3駅が設置されます。大泉学園町駅は、西武池袋線大泉学園駅から北2kmほど離れた位置です。

大泉学園町~東所沢間はまだ構想段階ですが、新座中央、清瀬北部、東所沢の3駅が設置される構想です。以前は、新座市南部にも駅を作る案がありましたが、その後、新座市内は1駅に絞られました。

東所沢までの事業性には難があるため、大泉学園町から新座市内まで一駅のみ延伸し、新座市内に車両基地を設ける案もあるようです。

いずれの区間も、実際に建設された場合、運営は大江戸線の既存開業区間である東京都交通局が担うとみられます。開業予定時期は未定です。

画像:清瀬市

都営地下鉄大江戸線延伸の沿革

2000年の運輸政策審議会答申第18号では、光が丘-大泉学園町間については「2015年までに整備着手することが適当である路線」とされ、大泉学園町-武蔵野線方面間については同じく「今後整備について検討すべき路線」として位置付けられました。

2016年4月20日の交通政策審議会答申第198号「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」では、光が丘-大泉学園町-東所沢間の延伸が「地域の成長に応じた鉄道ネットワークの充実に資するプロジェクト」として答申されています。

都営地下鉄大江戸線延伸データ

都営地下鉄大江戸線延伸データ
営業構想事業者 東京都交通局
整備構想事業者 未定
路線名 大江戸線
区間・駅 光が丘~大泉学園町~東所沢
距離 未定
種別 未定
種類 普通鉄道
軌間 1067mm
電化方式 1500V
単線・複線 複線
開業予定時期 未定
備考 --

都営大江戸線延伸の今後の見通し

答申第198号では、光が丘~大泉学園町については、導入空間となりうる道路整備が進んでいることを理由に、「事業化に向けて関係地方公共団体・鉄道事業者等において、費用負担のあり方等について合意形成を進めるべき」と前向きな表現になっています。

一方、大泉学園町~東所沢間については、事業性に課題があるとしたうえで、「事業性の確保に必要な沿線開発の取組等を進めた上で、事業主体を含めた事業計画について十分な検討が行われることを期待」と、消極的な表現になっています。

前述のとおり、練馬区内では地下鉄の導入区間として都市計画道路が先行して整備中で、その地下に大江戸線と途中駅が収まる予定です。そのため、この道路整備が完了すれば、大江戸線の大泉学園町までの延伸にはメドが立ちます。したがって実現性は非常に高い区間といえます。

一方で、大泉学園町~東所沢間は、いまのところ構想の域を出ていません。沿線自治体の新座市などの動きを見ても、実現へ向けて可能性が高まっているようにはみえません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP