日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 近畿圏 >> なにわ筋線

なにわ筋線

JR・南海なにわ筋線は、大阪市の北梅田駅からJR難波駅、南海新今宮駅へ至る鉄道新線です。JRと南海が共同で営業します。2017年に事業化が決定し、開業予定は2031年春とされています。

なにわ筋線の概要

なにわ筋線とは、大阪市のなにわ筋の地下に建設が計画されている鉄道路線です。新大阪駅とJR難波駅・南海汐見橋駅を結ぶ地下鉄路線として検討が進められてきましたが、2017年5月23日に北梅田駅(仮称)と、JR難波駅・南海新今宮駅を結ぶ計画として、JR・南海を営業主体として事業化されることが決まりました。

ルートは、大阪駅北地区(うめきた)の地下に建設中の北梅田駅から、地下構造でなにわ筋に向けて南西に進み、JR大阪環状線福島駅付近でなにわ筋の地下に入ります。その後、地下構造のまま、なにわ筋を南下し、西本町駅の立地する中央大通の南で分岐し、2方面に分かれ、JR難波駅と南海新今宮駅にそれぞれ接続します。

JR難波駅へはそのまま地下構造で接続し、南海新今宮駅へはパークス通の大阪市浪速区敷津東3丁目付近で地上に移行し、高架構造で南海本線へ合流する路線計画となっています。総延長は7.4kmです。

画像:大阪市

途中駅として、中之島駅、西本町駅、新難波駅(いずれも仮称)の3駅が設けられます。このうち、新難波駅は南海のみが使用します。駅のホーム構造などは未公表ですが、北梅田駅は2面4線です。

中之島駅では京阪中之島駅と連絡します。また、南海新難波駅で市営地下鉄、南海、近鉄の各駅と連絡します。西本町駅では他線連絡はしないようです。


画像:大阪都市計画都市高速鉄道 なにわ筋線に係る環境影響評価方法書(2018)

国土交通省の地下高速鉄道整備事業費補助を活用した上下分離方式で建設されます。第三セクターの関西高速鉄道が整備主体となり、JR西日本と南海電鉄が営業主体となります。北梅田~西本町間がJR・南海の共同営業区間、西本町~JR難波がJR単独営業区間、西本町~新今宮が南海の単独運行区間です。

なにわ筋線は、北梅田から先、新大阪駅まで乗り入れます。北梅田~新大阪間は、JR西日本の梅田貨物線の地下化事業で、なにわ筋線ではありません。梅田貨物線地下化の工事区間の総延長は2.4km(うち1.7kmがトンネル部)。JR西日本が事業主体となっていて、開業は2023年春の予定です。

画像:JR西日本

なにわ筋線開業後のダイヤは未発表ですが、事業計画によると、旅客列車の運転本数は1日最大560本とされています。6両、8両、9両編成を想定し、JR、南海とも特急(優等)、普通列車がそれぞれ乗り入れます。最高速度は110km/hとしています。

なにわ筋線の総事業費は3,300億円で、国、自治体、鉄道事業者が3分の1ずつ負担します。自治体の負担分1,180億円については、府市で590億円ずつ折半します。開業後40年で整備主体の累積収支が黒字に転換し、事業採算性が確保できるとしています。

なにわ筋線の沿革

新大阪駅から梅田、中之島を経て難波を結ぶ「なにわ筋線」構想は、1980年代から存在していました。2004年の近畿地方交通審議会答申第8号では、「中長期的に望まれる鉄道ネットワークを構成する新たな路線」として盛り込まれています。また、近畿開発促進協議会の2007年6月の協議では、なにわ筋線を「大阪都心を南北に縦断する都市交通線として重要である」と位置づけました。

しかし、大阪を南北に貫く地下鉄線は、すでに御堂筋線、谷町線、四つ橋線、堺筋線と4路線もあり、なにわ筋沿いには繁華街も少ないことから採算性が疑問視され、なかなか具体化しませんでした。

風向きが変わったのは、2008年に橋下徹が大阪府知事に就任してからです。橋本は、大阪の都市軸を東西に広げるためのインフラ整備の一環として、なにわ筋線の建設に前向きな姿勢を見せます。関西空港への直通を前提に「関空活性化に不可欠」と国に働きかけ、国土交通大臣(当時)の金子一義が関空へのアクセス改善策として検討を表明しました。

2009年4月17日には、JR西日本や関西大手私鉄5社・大阪府・大阪市・関西経済界の首脳が懇談会を開催して、「なにわ筋線」の必要性について合意しています。しかし、その後も採算性の問題がついてまわり、事業の具体化はなかなか進みませんでした。

ところが、LCCの関空就航が相次ぎ、インバウンドによる外国人観光客が関西空港に集まるようになると、関西空港の利用者が急増。なにわ筋線の必要性が高まり、議論が進展します。2017年5月23日に、JR、南海、大阪府市の4者に阪急を加えた5者の間で、なにわ筋線建設を進めていくことで一致し、計画概要が明らかにされました。

2018年2月にはアセスメントの環境影響評価方法書が公表され、事業の詳細が明らかにされています。開業予定は2031年春としています。

なにわ筋線のデータ

なにわ筋線のデータ
営業事業者 JR西日本・南海電鉄
整備事業者 関西高速鉄道株式会社
路線名 なにわ筋線
区間・駅 北梅田~JR難波、新今宮
距離 7.4㎞
種別 第二種鉄道事業
種類 普通鉄道
軌間 1067m
電化方式 1500V
単線・複線 複線
開業予定時期 2031年春
備考 「地下高速鉄道整備事業費補助制度」の適用による鉄道整備

なにわ筋線の今後の見通し

なにわ筋線は、北梅田~JR難波、新今宮間を結ぶ路線ですが、南はJR阪和線、南海本線に乗り入れて、それぞれ関西空港までの直通運転が決まっています。北は梅田貨物線に乗り入れて新大阪まで乗り入れることが決まっており、線形的に、新大阪から先は、普通列車はおおさか東線に乗り入れる可能性が高そうです。

なにわ筋線には、JRの特急「はるか」と南海特急「ラピート」が走ることも決定的になっています。そのため、なにわ筋線開業後は、新大阪~北梅田~関西空港が、JR「はるか」と南海「ラピート」の両者で運行されることになります。

さらに阪急電鉄もなにわ筋線構想に絡んでおり、北梅田~十三~新大阪の新線を独自で建設する予定です(阪急新大阪・なにわ筋連絡線)。この阪急新線は1,067mm軌で建設され、なにわ筋線を経て南海と直通運転することが見込まれています。そうなると、「ラピート」は新大阪~北梅田間が阪急経由になる可能性があります。

なにわ筋線開業後のダイヤは未発表ですが、上述したように、運転本数は1日最大560本とされています。1日18時間営業と仮定して計算すると、平均毎時31本となり、16往復程度の運行本数になります。となると、毎時4~5分間隔くらいの運転本数を想定しているとみられます。

おそらく両社とも毎時8往復くらい、それぞれ15分間隔で優等と普通が走るというダイヤになるのでは、と予想します。つまり、北梅田~西本町間では、優等と各駅停車が、それぞれ7.5分間隔くらいで運行されるということです。ただし、これは筆者の予想に過ぎないことを、ご了承ください。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP