日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 新駅 >> 九州・沖縄の新駅

九州・沖縄の新駅

九州・沖縄地方の新駅や新駅設置計画をまとめました。ある程度設置が具体化してきた新駅を中心に、位置や開業予定時期をご紹介します。

JR筑肥線「糸島高校前駅」

画像:JR九州プレスリリース

筑肥線・波多江-筑前前原間(糸島市)。両駅のほぼ中間点(両駅から1.3kmの位置)に設置されます。名称は正式決定です。周辺の土地区画整理事業にあわせて設置される請願駅。当初は「浦志新駅」の仮称でした。糸島高校から徒歩5分程度。2019年春開業予定。

西日本鉄道本線「雑餉隈・春日原間新駅」

西鉄線・雑餉隈 - 春日原間(福岡市)。雑餉隈から南東約600m離れた場所で、県道49号大野城二丈線との交差部分付近、西日本鉄道雑餉隈自動車営業所の隣接地です。JR南福岡駅から約700m。2021年度開業予定。正式駅名は未定。

JR大村線「新大村駅」「車両基地駅」

大村線竹松駅-諏訪駅間に「新大村駅」、松原駅-竹松駅間に「車両基地駅」が建設されます。新大村駅は九州新幹線の駅と併設、車両基地駅は新幹線の車両基地と隣接します。いずれも大村市の請願駅で、2022年度の九州新幹線長崎ルートの開業にあわせて開業する予定です。駅名はいずれも仮称で、正式駅名は未定。

南阿蘇鉄道高森線「長陽・立野間新駅」「見晴台・高森間新駅」

南阿蘇鉄道線・長陽-立野間(南阿蘇村)と、見晴台-高森間(高森町)に新駅を設けます。見晴台-高森間は、高森湧水トンネル公園に隣接して建設します。いずれも同線が復旧する2022年度に開業予定。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP