日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 地方都市 >> 広島電鉄

広島電鉄駅前大橋ルート・循環ルート

広島電鉄は、広島駅電停から東に迂回をしてから、市の中心部に向かっています。この迂回区間を廃止し、かわりに駅前大橋に短絡線を建設するのが、広島電鉄の「駅前大橋ルート」計画です。

迂回区間の一部を残し、比治山町から的場町を経て市内を循環する路線が「循環ルート」計画です。開業時期は「平成30年代なかば」とされており、2023年頃となりそうです。

広島電鉄駅前大橋ルート・循環ルートの概要

広島駅では南口の再整備事業が進められていて、広島市、JR西日本、広島電鉄などの同意により、2014年9月に「広島駅南口広場の再整備等に係る基本方針」がとりまとめられました。それによりますと、広島電鉄の電停が広島駅ビル内に入り、そこから高架線で駅前大橋へと伸びていきます。

画像:広島市

その先、稲荷町交差点を経て比治山町交差点までが、駅前大橋ルート開業後の新線区間です。新線開業後は、広島駅~駅前大橋線~稲荷町~紙屋町方面が「本線」になります。また、稲荷町~比治山下が「比治山線」(皆実線)となります。稲荷町~的場町~比治山下は「循環線」に組み込まれます。広島駅~猿猴橋町~的場町間は廃止となります。

画像:広島市

広島駅電停が駅ビル内に移設されることで、広島駅でのJRから広島電鉄への乗り換え時間は、約2.1分から約1.3分に短縮されます。広島電鉄の乗降場には4線が配置され、これまで乗車2カ所、降車4カ所だったのが、乗降とも4カ所になります。広島駅に乗り入れる市内線は4系統ですので、乗降場は各系統別に運用される予定です。

画像:広島市

駅前大橋線の開通により、広島駅から八丁堀地区、紙屋町地区への距離が約200m、所要時間が約4分短縮されます。

循環ルートは、的場町から紙屋町、市役所前、皆実町六丁目、段原一丁目を経て的場町に戻る路線です。循環ルートの運行頻度については「地域の利便性が確保できる便数」という曖昧な表現になっています。

駅前ルートの再整備費用は概算で155億円、開業時期は平成30年代なかば(2023年頃)です。

広島電鉄駅前大橋ルート・循環ルートの沿革

広島電鉄の路面電車は、広島駅から東へ迂回して市街地に向かっているという難点がありました。これを解消しようという考えは、路面電車利用者が減り始めた1960年代から存在していたようです。

具体的な動きになったのは、2000年の広島市「新たな公共交通体系づくりの基本計画について」で駅前大橋線が盛り込まれてからです。2002年には、中国地方交通審議会「広島県における公共交通機関の維持整備に関する計画について」で駅前大橋線が新規路線案として盛り込まれました。2004年12月に、広島市に路面電車の機能強化策を探る検討委員会が設置され、本格的な協議が始まりました。

画像:広島市

2010年6月、広島電鉄の社長に国交省出身の越智秀信が就任すると、「駅前大橋線」の2016ー17年の運行開始を目指す考えを明らかにします。これを受け、2010年8月に、広島市は「広島駅南口広場再整備に係る基本方針検討委員会」を設置しています。

検討委員会では、広島駅乗り入れ方法について、平面、高架、地下が検討されましたが、市とJR側は広島駅建て替えを含めた高架案を支持し、広島電鉄側は地下案を推しました。ただ、地下案を推していたのは、広島電鉄内では越智社長一人のみだったようです。

危機感を抱いた他の役員が結束して、2013年1月に取締役会で越智社長を解任。新社長に就任した椋田昌夫により、広電も高架案に転じ、同年6月に、高架案の採用が決まりました。

当初の計画では、駅前大橋ルートの開業により、東に迂回する区間は廃止される予定でした。しかし、沿線町内会から的場町、段原一丁目電停の存続等を求める要望書が出されます。循環ルートの提案もこのときに出されました。これについて、広島市と広電は受け入れる姿勢を示し、迂回区間の多くが存続することになりました。

最終的に、広島市は、2014年9月2日に「広島駅南口広場の再整備等に係る基本方針」を決定。本線が稲荷町電停から駅前大橋を通るルートに変更となり、駅前大橋で高架に上がり広島駅ビルに乗り入れることが決まっています。

広島電鉄駅前大橋ルートのデータ

広島電鉄駅前大橋ルートのデータ
営業事業者 広島電鉄
整備事業者 広島電鉄・広島市
路線名 本線・比治山線
区間・駅 広島駅~稲荷町~比治山下
距離 1.2km
種別 軌道事業
種類 軌道
軌間 1,435mm
電化方式 直流600V
単線・複線 複線
開業予定時期 平成30年代なかば
備考 --

広島電鉄駅前大橋ルート・循環ルートの今後の見通し

広島電鉄駅前大橋ルートは、すでに整備着手済みの事業です。駅ビルに乗り入れる高架路線のため、工事には多少の時間はかかるものの、完成するのは確実となりました。駅前大橋ルートの開業にあわせて、循環ルートも整備されます。

開業時期は「平成30年代半ば」とされていますので、2022~2025年頃に開業すると見込まれます。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP