日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 新駅 >> 中部の新駅

中部の新駅

中部地方の新駅や新駅設置計画をまとめました。ある程度設置が具体化してきた新駅を中心に、位置や開業予定時期をご紹介します。

あいの風とやま鉄道「富山・東富山間新駅」

あいの風とやま鉄道・富山駅-東富山駅間(富山市)。両駅のほぼ中間地点となる富山市下冨居に新駅を設けます。正式駅名は未定。新駅は無人駅で、対向式ホームそれぞれに改札を設置。ホームは長さ85mを2面設けます。自動券売機やIC簡易改札機も備えます。2021年度開業予定。

富山地方鉄道「稲荷町駅・不二越駅間新駅」

不二越・上滝線・稲荷町駅-不二越駅間(富山市)。2019年3月のダイヤ改正に合わせての開業を目指します。4月には富山県立大学看護学部が新設される予定で、学生の通学需要への対応。

名古屋鉄道河和線「高横須賀・南加木屋間新駅」

名古屋鉄道河和線・高横須賀駅-南加木屋駅間(東海市)。両駅のほぼ中間地点に公立西知多総合病院が開院したこともあり、新駅設置を計画。病院の東約250mに建設。2015年に名鉄と東海市が新駅建設で合意。正式駅名・開業予定は未定。

JR東海道本線「磐田・袋井間新駅」

JR東海道本線・磐田-袋井間(磐田市鎌田地内)。2014年に磐田市とJR東海などのあいだで、新駅設置に関する基本協定書が締結されました。駅舎は、JR東海道本線と新幹線をまたぐ自由通路を併設して建設します。対向式2面ホームで、エレベーターを5基設けます。北口と南口の前に送迎用ロータリーを兼ねた広場、駐輪場を整備。新駅開業後は、駐車場も整備される予定です。正式駅名は未定。2019年度末(2020年春)開業予定。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP