日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 首都圏 >> 京成千原線

京成千原線延伸

京成千原線は、千葉中央-ちはら台を結ぶ10.9kmの鉄道路線です。ちはら台から先、辰巳台を経て海士有木までの延伸計画があります。ただし、計画は凍結状態になっていて、実現の見通しはついていません。開業予定時期も未定です。

京成千原線延伸の概要

京成千原線は、もともと小湊鉄道が千葉乗り入れを計画して本千葉-海士有木間で免許を取得した路線です。したがって、当初計画から、千葉市内と海士有木を結び、小湊鉄道線に接続または乗り入れる予定でした。

実際に建設したのは第三セクターの千葉急行電鉄です。しかし、1995年に千葉中央-ちはら台まで建設されたところで、計画は中断。ちはら台-海士有木間は、建設が凍結されました。

ちはら台から先は、辰巳台、国分台を経て海士有木に至る経路が予定されていて、辰巳台付近までは、線路用地も確保されている部分も多いですが、今に至るまで延伸実現のメドは立っていません。

辰巳台付近の路線計画位置図。駅予定地付近にバスの交通結節点が整備される。画像:市原市交通マスタープラン(2014)

京成千原線延伸の沿革

1957年に、小湊鉄道が本千葉駅-海士有木駅間の地方鉄道業免許を取得したことで、この路線計画がスタートします。しかし、小湊鉄道は自力で建設することができず、第三セクターの千葉急行電鉄に免許が譲渡されました。

千葉急行電鉄は1992年に千葉中央駅-大森台駅間を開業。1995年にはちはら台まで延伸開業しました。しかし、利用者が伸び悩み、千葉急行電鉄は経営が行き詰まります。最終的には会社清算となりました。

千葉急行の路線は、1998年に京成電鉄に路線が譲渡され、京成千原線となりました。その際、関係者が協議し、単線である千原線の複線化は、1日の乗車人員が4万人に達した時をメドに検討し、延伸は複線化完了後に考察すると決められました。

その後、京成千原線の乗車人員は2万人程度で推移しているため、ちはら台までの複線化にも至っておらず、ちはら台以南の延伸は凍結されています。

2000年の運輸政策審議会答申第18号では、「京成電鉄千原線の延伸(ちはら台か ら海士有木まで)については、沿線の開発状況等を見極めつつ、その整備を検討する」と記されました。しかし、2016年4月20日の交通政策審議会答申第198号「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」では、記述が消えました。

2010年に制定された「市原市交通マスタープラン」では、京成電鉄千原線について「複線化と辰巳台方面への延伸も計画されています」と記されたものの、具体的な内容はありませんでした。

延伸の見通しが立たないままで、2019年10月14日に、ちはら台-海士有木間の事業免許の着工期限を迎えます。

京成千原線延伸のデータ

京成千原線延伸のデータ
営業事業者 未定
整備事業者 未定
路線名 未定
区間・駅 ちはら台-海士有木
距離 約10km
種別 未定
種類 普通鉄道
軌間 1435m
電化方式 直流1500V
単線・複線 未定
開業予定時期 未定
備考 --

京成千原線延伸の今後の見通し

京成千原線は、2019年10月14日に、ちはら台-海士有木間の事業免許の着工期限を迎えます。これが大きな区切りとなります。

ちはら台の次の駅にあたる辰巳台までは、線路や駅用地の確保も進んでいて、千葉急行電鉄の利用状況がもう少し良ければ、ちはら台延伸直後に着工されていたかもしれません。ただ、人口減少時代を迎え、いまとなっては着工は望み薄です。

可能性はきわめて低いですが、仮に建設されるとしても、ちはら台-辰巳台間のみでしょう。辰巳台以南は用地確保も進んでおらず、海士有木までの延伸実現は絶望的です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP