LCC 北海道 沖縄 航空 航空会社 飛行機旅行

バニラ・エアの運航区間と運賃が発表。就航地は札幌、那覇、台北、ソウルで新味なく、価格も平凡。ANAの路線移管用の航空会社に?

バニラ・エアの運航区間と時刻表、運賃が発表されました。

バニラ・エアは、ANAホールディングスが100%出資する格安航空会社LCC。エアアジア・ジャパンの後継会社です。このほど就航開始を2013年12月20日と発表し、運航路線と運賃が発表されました。

12月20日からの初就航は、成田~沖縄(那覇)、成田~台北(桃園)の2路線各1往復。その後12月28日から那覇線を1日3往復に増便。2014年1月29日からは、成田~札幌(新千歳)、3月1日からは成田~ソウル(仁川)に就航します。注目されていたグアム、サイパンについては、認可が下りておらず、今回の就航地には含まれず。来春以降の就航になりました。

バニラ・エア地図

エアアジア・ジャパンと異なる点は、20kgまでの荷物の預け料金が無料であること。その他、4人以上の同時予約で割引になる「みんなで割」を新設したり、予約変更・購入が搭乗直前まで可能な「コミコミバニラ」を設定したりしています。

「コミコミバニラ」とを2,500円割り引いたのが「シンプルバニラ」で、払い戻しは不可。いずれの運賃でも手数料を払えば変更ができる点も、エアアジア・ジャパンとは異なります。全体的に、「素人でも使いやすい」LCCを目指しているようです。

そのぶん、運賃は既存LCCよりはやや高め。成田~札幌が5,500円~、成田~ソウルは8,000円~となっています。このほか、セール運賃として「わくわくバニラ」を随時展開する予定とのこと。航空券の発売は、は11月1日12時より開始されます。

結局、就航先は「札幌、沖縄、台北、ソウル」ということで、これまでのエアアジア・ジャパンとほとんど同じ。値段はそれよりも高くなっているようで、正直、LCCとしてのインパクトは今ひとつ。ソウル3日間で3万円を切るツアーが多いなか、往復16,000円が最低運賃のLCCがどの程度支持されるのかは未知数です。

発表された運賃体系を見ると、手荷物無料、変更も可能(有料)というシステムで、LCCというよりはスカイマークに近くなっています。ですので、エアアジアやジェットスターと比べるのではなく、「ANAの低価格路線の引き受け会社」とでも思った方がいいのかもしれません。今後、ANAの近距離の低価格路線は、バニラ・エアに移管されていくのではないでしょうか。

-LCC, 北海道, 沖縄, 航空, 航空会社, 飛行機旅行

  あわせて読みたい