ホーム ダイヤ改正情報 つくばエクスプレス2018...

つくばエクスプレス2018年3月ダイヤ改正の詳細。混雑緩和狙う

快速待避駅が変更

シェア

つくばエクスプレスが、2018年3月17日にダイヤ改正を実施します。2017年11月に設置した守谷駅の待避設備を活用し、おもに日中時間帯の運転パターンを変更するもので、規模の大きな改正になるようです。

広告

八潮と守谷が待避駅に

2018年3月ダイヤ改正では、日中時間帯に快速が普通列車を追い抜く駅を、現行の流山おおたかの森から、八潮と守谷の2駅に変更します。

秋葉原から、みらい平・みどりの・万博記念公園・研究学園へ快速と普通列車を乗り継ぐ場合の所要時間は、最大2分短縮されます。また、秋葉原から流山セントラルパークへ乗車する際にも、快速が利用できるようになります(南流山で乗り換え)。

一方、柏の葉キャンパス・柏たなかの両駅の利用者は、秋葉原から快速に乗車した場合、普通列車への乗り換え駅が南流山に変更になることから、快速による速達効果が薄れそうです。

また、区間快速を待避する普通列車がなくなります。これにより、秋葉原~守谷間において、終点まで先着する列車本数が1時間あたり2本増えることになります。

運転パターンの変更により、日中時間帯のつくば発秋葉原行きのうち、快速・区間快速の運転間隔が最大25分から最大21分に短縮されます。

つくばエクスプレス2018年ダイヤ改正
画像:首都圏新都市鉄道プレスリリースより

通勤快速は八潮と守谷で普通と接続

夕方から夜の時間帯においても、通勤快速と普通の接続パターンを変更し、全ての通勤快速つくば行きが、八潮と守谷でそれぞれ普通に接続します。これにより、秋葉原から三郷中央、流山セントラルパークへ乗車する際に、通勤快速を利用できます(八潮で普通列車へ乗換)。

平日17~19時台では、秋葉原発守谷行きの下り普通列車を計5本増発。秋葉原発17時30分快速つくば行きを、通勤快速つくば行きに変更します。

さらに、守谷~秋葉原間の普通列車では、平日9〜10時台に上下線各1本、16〜18時台に上り5本を増発するなどの改正が行われます。

総運転本数は、平日ダイヤで12本増えて456本になります。土曜・休日ダイヤの総運転本数は384本で、増減はありません。

全体としては、増発と、列車ごとの乗車率の平準化により、混雑の緩和を狙うダイヤ改正といえそうです。(鎌倉淳)


関連記事