ホーム ダイヤ改正情報 東急2016年3月ダイヤ改...

東急2016年3月ダイヤ改正まとめ。東横線で「Fライナー」登場。田園都市線は急行を一部準急化

シェア

東京急行電鉄が2016年3月26日に実施するダイヤ改正の概要を発表しました。東横線からメトロ副都心線を経由して東武東上線・西武線へ直通する速達列車の愛称が「Fライナー」となるのが目玉。田園都市線は平日夕方上りの急行を一部準急にします。その他、始発の繰り上げや、終電の繰り下げがおこなわれます。

広告

Fライナーは15分間隔で運転

「Fライナー」は、これまでも運転していた、みなとみらい線、東横線、副都心線、東武線、西武線を直通する速達列車(東横線内は「特急」)です。この東横特急に「Fライナー」の愛称が付けられます。

Fライナーは、土休日の早朝を除き、おおむね15分間隔で運転。東武東上線内での急行運転も開始され、森林公園~元町・中華街間の所要時間が最大11分短縮されます。

Fライナー

池上線、多摩川線で終電繰り下げ

池上線では朝ラッシュ時間帯や夜間帯に列車を増発。また、終電時刻の繰り下げも行います。下りは五反田発蒲田行の最終電車の時刻を、現行の五反田0時12分発から0時27分発にします。また、五反田発雪が谷大塚行最終電車の時刻を、五反田0時37分発から0時46分発にします。

上りは蒲田発五反田行の最終電車の時刻を、現行の蒲田0時10分発から0時26分発へ繰り下げます。

多摩川線では、多摩川発蒲田行き最終電車の時刻を、現行の0時39分から0時47分に繰り下げます。これにより、渋谷発0時26分の東横線電車でも、多摩川線の終電に間に合うことになります。

田園都市線では準急が増加

田園都市線では、一部列車の種別変更が大きな改正点です。渋谷16時以降着の上り急行13本、各停1本が準急に変更されます。夕方の上り急行を大量に準急化するわけで、二子玉川以東の急行通過駅に停車する列車が増えます。これらの駅の利用増に対応するためでしょうか。

田園都市線では、中央林間発の上り初電の発車時刻も変更し、現在より繰り上げます。平日・土休日ともに現行の中央林間5時12分発が5時5分発となり、中央林間で始発に乗った場合の渋谷到着時刻は、6時00分から5時54分(土休日は5時55分)に早まります。

田園都市線始発

鷺沼行き終電時刻が土休日も同じに

終電時刻は繰り下げます。平日は、長津田行き最終電車の時刻が渋谷発0時25分から0時32分発となります。土休日は、中央林間行き最終電車の時刻が渋谷発0時06分から0時08分発に、長津田行き最終電車の時刻が渋谷発0時20分から0時25分に、鷺沼行き最終電車の時刻が渋谷発0時25分から0時42分になります。

田園都市線終電
田園都市線終電

これにより、鷺沼行き最終電車の時刻が、平日も土休日も同じになります。この点はわかりやすい改正ですが、どうせなら長津田行きや中央林間行き最終の時刻も揃えてもよかったのではないか、という気もします。

その他の路線でも、運転区間の延長や初・終電時刻の見直し、ラッシュ時や夜間の増発などが行われます。ただ、ダイヤ改正の規模としては大きくはありません。(鎌倉淳)


関連記事