LCC バス 国内旅行 新幹線・特急 航空 航空会社 鉄道 鉄道旅行 飛行機旅行 高速バス JR

東京-大阪を安く行く方法まとめ、2013年版。安いのは青春エコドリーム。でも結局、新幹線が合理的?

LCCの台頭などで旅行の選択肢が増えてきた2013年。いまさらながらですが、「永遠の旅費比較のテーマ」である東京・大阪間について、安く行く方法を検証してみました。

■新幹線
新幹線には割引はあまりありません。「のぞみ」で行く場合は正規運賃の自由席で13240円です。これより安く行く方法としては、「ひかり早特きっぷ」が12000円(指定席)。これは「ひかり号」限定で、1週間前までの発売、席数限定のきっぷです。ほかには、JR東海ツアーズという旅行会社の企画として「ぷらっとこだまエコノミープラン」があり、10000円です。「こだま」しか乗れませんが、席が空いていれば前日まで購入できます。東京-新大阪は「こだま」で4時間かかります。東京-大阪間で新幹線を利用する場合、「ぷらっとこだま」より安いきっぷはありません。

■大手航空会社(ANA、JAL)
大手航空会社の場合、ANAを例に取ると、東京-大阪の普通運賃は22670円。伊丹も関西も同額です。特割が11170円~14170円。旅割28が9670円~12170円。旅割45が9170円~11670円です。最安値は利用しづらい早朝便に設定されているので、普通に利用できる時間帯の羽田・伊丹便での安値をみると、特割が13170円、旅割28が9970円、旅割9870円くらいです。28日前に予定を決めるのは難しい人も多いでしょうから、実質的には特割り13170円が利用しやすい運賃の最安値といえます。JALも価格はほとんど変わりません。

全日空

■新興航空会社(スカイマーク、スターフライヤー)
新興航空会社の場合、スカイマークの羽田・神戸便を例に取ると、普通運賃が12000円、フリー10が10000円です。10日前の1万円運賃というのは最近のスカイマークのセールスポイントです。スターフライヤーの羽田・関西便を例に取ると、普通運賃が22870円。STAR1が11670円。STAR28が9770円。使いやすいSTAR1の11670円が標準的な価格といえそうです。

■LCC(ジェットスタージャパン)
格安航空会社LCCで、東京・大阪間にフライトがあるのは、ジェットスター・ジャパンの成田・関西便のみ。通常価格で3990円~です。これに支払手数料200円が加算されますので、4190円~です。

■高速路線バス(JRハイウェイバス)
JRのハイウェイバスの青春エコドリーム号を利用すると、東京・大阪駅間は普通運賃が4300円~6000円。早売5を使うと3500円~5100円です。連休でない週末の場合、普通運賃が5000円、早売5が4500円です。

■高速ツアーバス(楽天トラベル)
楽天トラベルで高速ツアーバスを検索すると、日にもよりますが最安値は4列シートで3500円程度。金曜の夜発は5000円程度~になります。

費用対効果ならジェットスターがお得そうだが……

 ここまで候補となる交通機関を挙げてきました。どれが安いか、というのは、チケットを購入するタイミングや利用する日付によって異なりますので一概にいえません。ここでは、5日前予約の週末金曜日で考えてみましょう。東京駅起点、大阪駅終点にしておきます。その条件で安い順に並べると、以下のようになります。

■JRバス(青春エコドリーム号)
運賃4500円(約8時間)

■ツアーバス
旅行代金5000円(約8時間)

■ジェットスター
変動運賃4190円+東京-成田空港のバス900円+関西空港-大阪の電車賃1060円=6150円(約5時間)

■新幹線(こだま)
ぷらっとこだまエコノミーきっぷ 10000円+新大阪-大阪の電車賃160円=10160円(約4時間)

■スカイマーク
普通運賃12000円+東京-羽田空港の電車賃560円+神戸空港-阪急梅田の電車賃630円=13190円(約4時間)

■新幹線(のぞみ自由席)
普通運賃13240円(約3時間)

■スターフライヤー
STAR1 11670円+東京-羽田空港の電車賃560円+関西空港-大阪の電車賃1060円=13290円(約4時間)

■ANA 
特割13170円+東京駅-羽田空港の電車賃560円+大阪空港-阪急梅田の電車賃420円=14150円(約3時間)

繰り返しますが、料金は購入のタイミングや利用する曜日などによって異なりますので、これは一例に過ぎません。また、所要時間は概算です。ジェットスターのような格安航空会社LCCは早めに空港に着いている必要があるため、所要時間がやや長めになります。

タイミングによって値段の違いはあるでしょうが、ある種の合理的な結果になっているのではないか、とも思います。一見すると、最も費用対効果が高そうなのは、やはりジェットスターでしょうか。

ただ、ジェットスターは遅延が多いですし、運航時刻もあまり便利な時間ではありません。定時運航率が高まり、便利な時間に運航されればイチオシですが、そうなったら価格はもう少し上がるかもしれません。

ツアーバスは、金曜日出発に限ると割高です。ただ、金曜夜のJRバスは席が取りにくいので、「週末はJRがおすすめ」と言えば済む話でもありません。

これだけの選択肢がありますが、きっぷの買いやすさも考慮すると、やはり「のぞみ自由席」が一番便利かな、と筆者は思ってしまいます。みなさんはいかがでしょうか。

-LCC, バス, 国内旅行, 新幹線・特急, 航空, 航空会社, 鉄道, 鉄道旅行, 飛行機旅行, 高速バス, JR
-, , , ,

  あわせて読みたい