ホーム テーマパーク 東京ディズニーリゾート「3...

東京ディズニーリゾート「3年連続チケット値上げ」に驚く。1日券はなんと7,400円も、世界的にはまだ安い?

シェア

東京ディズニーリゾート(TDR)の入園料金がまた値上げされます。オリエンタルランドは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのチケットを2016年4月1日から値上げすると発表しました。消費増税に伴う料金改定を含めれば、3年連続の値上げとなります。

広告

ワンデーパスポート500円値上げ

オリエンタルランドの発表によりますと、2016年4月の値上げは「パスポート」と呼ばれるチケット(入園券)15種のうち13種が対象です。

代表的なワンデーパスポート(1日券)では、大人(18歳以上)の現行6,900円が7,400円に、中人(12~17歳)6,000円が6400円に、小人(4~11歳)4,500円が4,800円になります。

2パーク年間パスポートは86,000円(大人)が93,000円に、東京ディニーランドと東京ディズニーシーの年間パスポートは各59,000円(大人)が63,000円になります。

一方、スターライトパスポート(大人5,400円)と、アフター6パスポート(大人4,200円)は据え置きです。

東京ディズニーリゾート値上げ2016

3年連続で計1,200円の値上げ

ワンデーパスポートの最近の価格推移をおさらいしてみましょう。まず、2014年4月に消費税増税に伴い6,200円を6,400円に値上げ。2015年4月には6,400円を6,900円に値上げしています。そして2016年4月に6,900円が7,400円になりますので、3年連続で計1,200円も値上がりしています。

高度成長期やバブル期を彷彿とさせるような連続値上げには驚かされます。それだけ客の入りがよく、値上げしても入園者が減らないという自信があるのでしょう。日本経済新聞2月8日付によりますと、オリエンタルランドは今回の値上げについて、「入園者が減らない範囲にとどめている」と説明しているそうです。

アメリカの1日券は1万円超え

実際、過去2年も値上げによる集客への影響は少なかったようです。2015年4~9月期は前年比5%減となったものの、ハロウィーンのイベントが盛況だった10月には過去最高の入園者数を集めました。日本人に根強いファンが多いほか、訪日外国人客の増加が追い風となっているようです。

というのも、最近の円安で、東京ディズニーランドは、世界のディズニーランドに比べれば、値上げしても、まだ安いからです。

たとえば、アメリカ・カリフォルニアのディズニーランドの1日券は99ドル(約11,530円)、香港ディズニーランドの1日券は539HKドル(約8,076円)です。東京ディズニーリゾートの新価格7,400円は、世界的には安いのです。

結局は「円安効果」なのですが、日本の物価水準が相対的に低くなってきたことを示しているともいえます。国際水準で安いとなれば、少々値上げしても訪日外国人の人気は衰えないでしょう。

まだ上がりそう

筆者の個人的な印象を書くと、テーマパークのチケットは6,000円程度が上限、という感覚が今も残っています。「1日券7,000円台」は、ちょっと高い気がして、気軽に遊びに行くには敷居が高くなったなあ、という印象。

これで値上げが打ち止めになればいいのですが、2~3年後にはまた上がりそうな気がするのは、筆者だけでしょうか。(鎌倉淳)


関連記事