新規開業・工事 私鉄 鉄道 鉄道旅行

静岡鉄道が新車導入で、全車両を入れ替えへ。初のsustina量産車か?

静岡鉄道は2016年春に、新型車両を導入すると発表しました。8年計画で12編成24両の全てを新車に置き換えます。車体更新は1973年以来約40年ぶり。地方鉄道がオリジナル車両を一斉入れ替えするのは、近年では珍しいです。

広告

加速度向上で、所要時間短縮へ

新型車両の車体はステンレス製で、照明のLED化などにより省エネルギー化を図られます。制御方式はVVVFインバーター方式で、回生ブレーキと交流モーターを搭載。最近の車両の標準的な装備といっていいでしょう。営業最高速度は現行車両の1000形と同じ70km/hですが、加速度は2.5km/h/sから3.0km/h/sに向上します。全12編成投入後に、高加速度での運用が始まる予定で、その際には各駅停車の所要時間短縮が見込まれます。

客室は全席ロングシートで、ベビーカー・車椅子スペース、液晶画面の案内装置などが設けられます。画像を見る限り、つり革も新しい形状になるようです。

静岡鉄道新型車両

sustina量産車なら日本初

車両メーカーは未発表ですが、「リサイクル性に優れ、アルミ車同等の軽量化を実現」などと謳っている点や、画像の特徴から、総合車両製作所の新型ステンレス車両sustinaと思われます。sustinaとすれば、量産車としては日本初の導入ということになりそうです。

2016年春に投入されるのは1編成のみ。導入費用の総額は約48億円と見込まれ、国や静岡県、静岡市への補助申請も検討しているとのことです。置き換わる現行1000系の行方は未定ですが、車齢40年となると廃車になる可能性が高そうです。

写真でつづる静岡鉄道駿遠線

-新規開業・工事, 私鉄, 鉄道, 鉄道旅行

  あわせて読みたい