お得なきっぷ 鉄道 JR

青春18きっぷの2013年春季の発売期間・利用期間が発表。廃止は免れるも、夏・冬の発表はなし。制度改定の可能性も。

2013(平成25)年春の青春18きっぷの春季の発売期間・利用期間が発表になりました。

2013年春に関しては、青春18きっぷの発売期間、利用期間やルールについては例年通りで、変更はありません。全国のJR線の普通列車が5回分で11,500円で乗り放題です。1人で5回分または5人までのグループ利用ができます。

東北地方の沿岸部にはまだ不通区間が多数残っていますが、不通区間の代替バスには原則として乗車できます。また、気仙沼線や大船渡線のBRTにも乗車できるというルールも明記されました。

■発売期間■
2013(平成25)年2月20日~2013(平成25)年3月31日

■利用期間■
2013(平成25)年3月1日~2013(平成25)年4月10日

■有効期間■
1日間(1回につき) ※5回分セット

■価格■
11,500円(5回分セット)

■取扱箇所■
JRの主な駅のみどりの窓口、主な旅行会社。

青春18きっぷのポスター

青春18きっぷのポスター

気になるのは、夏・冬の発売に関する告知がなかったことです。青春18きっぷは2月にその年の3回分の発売予定が発表されるのが通例です。2月に1年分が発表されなかったことは過去にもありますが、その場合はたいていその年に制度変更が行われました。最近では2012年2月に春のみ発表があり、6月に夏・冬が発表されましたが、その際は夏に青森~新青森間の特例が加わりました。2010年は春・夏のみの発表でしたが、その冬には東北新幹線の新青森開業にともなう「青い森特例」が発表されました。

つまり、春・夏・冬が同時発表でないということは、青春18きっぷの制度変更についてJR各社間で検討がなされていて、まだ決定していない、ということを意味します。となると、2013年も夏以降に制度変更が行われる可能性は高いといえますが、それが何かについては明らかではありません。2013年は新幹線の新規開業などは控えていないことから、路線関係であるとすれば三陸のBRT関連の改定くらいでしょうか。それ以外では、自動改札対応など制度の根本的な部分の改定の可能性があります、ただ、それは北陸新幹線開業時になるのではないかとも思えます。

青春18きっぷは売上は好調なので、廃止の可能性は少ないと思いますが、大きな制度変更が行われれば、きっぷの性質が変わってしまうということはあるかもしれません。

-お得なきっぷ, 鉄道, JR
-

  あわせて読みたい