旅行総合研究所タビリスは、日本と世界を旅する人のための旅行情報サイトです


旅の技術 旅道具

パナソニックの新しい「旅ナビ」CN-SG520L、CN-SG520Dの感想は? 海外旅行対応のほか、歩行者機能も強化でとても便利!

パナソニックから新型の「旅ナビ」が発売されます。

「旅ナビ」は、カーナビをベースにした「アクティブナビゲーション」で、旅をアシストする機能を多数搭載したモバイル機器です。2010年10月に1号機を発売、2011年11月には女性をターゲットにした「CN-MH01L」、12月に自転車でも使える「CN-MC01L」を発売してきました。今回、10月12日に発売する新製品は、ポータブルSDトラベルナビゲーション 「旅ナビ」CN-SG520L、CN-SG520Dです。家電ルートの販売がCN-SG520Lで、カー用品ルートでの販売がCN-SG520Dです。液晶は5V型ワイドで、小型タブレットと思えばいいでしょう。


Panasonic ポータブルSDトラベルナビゲーション 旅ナビ 5v型 CN-SG520L

今回の製品は、海外ガイドブックデータを収録したのが目玉。また、国内旅行向けには、徒歩に加え、電車の乗り換えも含めて、ユーザーを目的地に案内する「電車でおでかけ」機能を新たに搭載し、徒歩機能を強化しています。

まず、海外ガイドブックデータ収録については、「るるぶDATA」の海外ガイドブックデータに対応。ソウル、パリの2都市をプリインストールしています。それ以外にも8都市(台北・ホーチミン・ロンドン・ローマ・バルセロナ・ヴェネツィア・ホノルル・ニューヨーク)のガイドブックデータに対応。ソウルとパリは本製品に収録してあり、ソウル、パリ以外の8都市は別売り(1,344円)です。

ガイドブックには50mスケールの詳細地図も収録。通りの名称まで表示されます。国内はもちろん、海外でもGPSで自分がいる位置を測位し、地図上に表示します。また、歩いてきた軌跡や、目的地を設定しておけば、目的地に向かって直線の方向線や直線距離を表示するので、海外を散策するときも安心です。こうした「トラベルナビゲーション機能」は、旅ナビの大きな特徴です。

国内旅行のサポートとしては、「電車でおでかけ」機能を新たに搭載。これを利用すると、出発地と目的地を設定するだけで、出発地から最寄り駅までの徒歩ルート、目的地の最寄り駅から目的地までの徒歩ルート、それらで利用する駅間の電車ルートを探索してくれます。JRデータの内容は、交通新聞社の「JR時刻表」、その他の鉄道の時刻データは、JTB時刻表に基づいています。

観光情報としては、「るるぶDATA」約160冊分、約63,000件の国内ガイドブックデータを収録しています。ガイドブック情報は47都道府県別に収録。県別のガイドブックからジャンルの絞り込みで、行きたい場所を検索可能です。

歩行補助機能としては、目的地への進行方向を実写の街並み上に表示する「街並みスコープ」が便利です。ルート案内中に「街並みスコープ」機能を利用すると、画面上に進むべき方向を示す矢印を表示するので、初めて訪れる町でも迷いにくいでしょう。

また、歩行専用案内地図と歩行モード(おでかけウォーク)搭載しています。これは、16GB microSDHCカードに歩行用詳細地図を収録したもので、階段、歩道橋、公園や駅構内を通るルートも設定が可能、歩行に適したルートを設定します。歩行用地図には全国約1,000都市 10m縮尺の市街地図を収録しています。現在地と目的地までの直線方向を表示し、道なり距離も画面上に表示できます。自分のいる現在地と目的地の場所と距離を確認できるので、目的地を見失いません。目的地までは、音声による案内も行います。いわゆる「徒歩ナビゲーション」と言えるでしょう。

自分が今どこにいるのかという位置情報をGPSで測位し、また向いている方角を電子コンパス(歩行モード時のみ)によって、地図上で確認することもできます。これは旧機種にも搭載されていた機能ですが、初めての観光地での街歩きのサポートツールとしては便利という感想が多いです。

おまけ機能としては、予め設定した好みのジャンルのスポットを案内する「寄り道コンシェルジュ」を搭載。歩行案内中、「おまかせ案内」を選びルートを設定して目的地に向かうと、現在地周辺にあるガイドブック内の地点情報を自動的に表示します。表示させるジャンルは、自分の好みにあわせて選択が可能です。

カーナビゲーションとしても利用可能です(日本国内専用)。付属の車載用専用吸盤スタンドに装着すると、カーナビゲーションとし利用できます。16GBのmicroSDHCカードに、全国約1,000都市の市街詳細地図をはじめ、電話番号(タウンページ)データ約830万件、個人宅電話番号データ約1,820万件分等、豊富な地図情報と検索用データベースを収録しています。

ワンセグチューナーも内蔵し、ワンセグ放送のリアルタイムでの視聴に加え、SDカードへの録画も可能です。ディーガやビエラでSDカードに録画した番組を再生できます。

MP3/WMA再生機能もあります。SDカードに書き込まれたMP3/WMAコーデックの音声ファイルの再生できます。

カメラ機能もあり、撮影した写真に位置情報が付加でき、撮影場所を地図上にカメラマークで表示可能。地図上のカメラマークをタッチすると写真を表示、旅の思い出を撮影位置情報とともに記録できます。

とまあ、このように、とてもたくさんの機能がついているのが「旅ナビ」です。道に迷いやすい女子には向いていますね。今回の機種は、「海外初対応」が強くPRされていますが、国内部分では地味に「歩行者向け機能」が強化されている印象です。本当はこっっちPRしたほうがいいんじゃないか、とも思います。

また、1号機のガイドブックは、昭文社の「マップル」搭載でしたが、最近の機種はJTB系の搭載がすすみ、今回は完全にJTBの「るるぶ」に移行してしまいましたね。

価格は5万円程度になる見通しです。ガイドブックがこれだけ入って5万円なら安い、という人もいるでしょうが、ちょっと手を出しにくい価格かも。旧機種CN-SG510Lは3万円台までさがっていますので、そちらを狙うのもいいかもしれません。

Panasonic ポータブルSDトラベルナビゲーション 旅ナビ 5v型 CN-SG520L

広告

広告

-旅の技術, 旅道具
-, , ,

  あわせて読みたい