北海道 航空 航空会社 観光 飛行機旅行

丘珠空港のジェット機の離着陸テストが無事終了。FDAによるチャーター便就航なるか?

静岡市に本社を置く地域航空会社フジドリームエアラインズ(FDA)が、2013年7月7日に、小型ジェット機を使って丘珠空港への離着陸テストを行いました。テストは無事終了し、同社によるジェット便就航に向けて一歩前進しました。

FDA
ERJ170(画像:FDAによるウェブサイト)

丘珠空港は1500メートル滑走路しか持たず、従来、ジェット機の就航は難しいとみられてきました。しかし、FDAは、夏季ならば小型ジェット機を使えば離着陸可能と考え、同社のERJ170(76席)を使って試験飛行(離着陸テスト)を行ったものです。

この日は、ERJ170が社員5人を乗せ名古屋の小牧空港を午前9時20分頃に離陸。同11時頃に丘珠空港に到着しました。離着陸に支障はなかったとのことです。

丘珠空港の発着枠は、1日44便が上限となっていますが、現在は、HACのプロペラ機サーブ340B-WT(36席)が1日24便程度運航されているだけ。新千歳空港の発着枠確保が難しくなっている一方で、丘珠には使いやすい時間帯の発着枠に余裕があります。そのため、FDAでは、時間帯のいいチャーター便を静岡や小牧との間に設定したい考えのようです。

今回の試験飛行の成功を受けて、チャーター便就航に向けて前進したといえそうです。丘珠の有効活用という視点でも、いいチャレンジだったのではないでしょうか。

-北海道, 航空, 航空会社, 観光, 飛行機旅行

  あわせて読みたい