ホーム JR 「ムーンライト信州」は2日...

「ムーンライト信州」は2日間のみ。「ながら・信州」2017-2018年冬の運転日と時刻表

スキー・スノボ利用は壊滅か

シェア

「ムーンライトながら」と「ムーンライト信州91号」の2017-2018年冬の運行日が発表されました。「ながら」は2017-2018年冬と同じ運行日で、12日間の運行となりましたが、「信州」は1日減少して、わずか2日間だけです。

広告

「ムーンライトながら」2017-2018年冬の運転日

まずは、2017-2018年冬の「ムーンライトながら」の運転日と時刻表を見てみましょう。

■東京発
12/22-1/2 
合計12日間
東京 23:10→大垣 05:50

■大垣発
12/23-1/3 
合計12日間
大垣 22:49 →東京 05:05

ムーンライトながら

「ムーンライト信州」2017年冬の運転日と時刻表

次に、「ムーンライト信州91号」の運転日と時刻表です。

■新宿発
12/29.30
合計2日間
新宿 23:54→白馬 05:40

「信州」は、昨年運転されていた12月22日の設定が消え、年末のみの運行となりました。運転時刻表はこれまで同様です。

車両は「ながら」が185系の10両編成、「信州」が189系の6両編成で、変更はありません。いずれも国鉄時代に製造された特急用車両です。

今冬は2本しか運行されなくなった「ムーンライト信州」。かつてはスキー・スノボ客によく利用されていましたが、今年は帰省客向けの設定のみとなったように感じられます。

いつ運転が終了しても不思議ではない運転日数になり、先行きが少し心配です。


関連記事