ホーム リゾート列車 JR九州の全線フリーきっぷ...

JR九州の全線フリーきっぷ「元気に!九州パス」で九州を一周する方法。6つの特急列車を乗り継いで13,000円也

シェア

JR九州は、熊本地震の影響で客足が落ちている九州の観光を支援するため、JR九州全線が乗り放題になる「元気に!九州パス」を発売します。九州新幹線や在来線特急の自由席が乗り降り自由で1日13,000円。このきっぷを使えば、九州を1日で1周することも可能です。

広告

土休日にJR九州が乗り放題

「元気に!九州パス」は、JR九州が期間限定で発売する割引きっぷです。JR九州全線が新幹線・特急も含め乗り降り自由。価格は13,000円(子ども半額)です。利用期間は2016年6月4日~7月18日の土休日で、発売期間は6月1日~7月17日、利用日前日までの発売です。

九州新幹線の通常料金は、博多~鹿児島中央の自由席で片道9,930円。そのため、博多~鹿児島中央へ行って、さらに少し乗れば元が取れるというお得なきっぷです。

九州新幹線

過去のフリーきっぷと比べてみると?

JR九州の全線乗り放題きっぷとしては、古くは「九州特急フリーきっぷ」(2007-2008年)があり、2日間用が22,000円、3日間用が25,000円という設定でした。また、2007年から2010年にかけては「ゲキ★ヤス土日乗り放題きっぷ」が断続的に発売されましたが、こちらは土日2日間で10,000円と、文字通り激安でした。

九州新幹線全通後に発売されたものとしては、「コロプラ★乗り放題きっぷ」があり、3日用36,000円でした。また、6月末で発売終了するシニア向けの「アクティブ65」は15,430円です。「元気に!九州パス」の1日13,000円は、過去の乗り放題きっぷと比べると激安とまではいえませんが、まずまずお得なきっぷでしょう。

九州1周ルート

では、「元気に!九州パス」の楽しい使い方を考えてみましょう。新幹線と特急が乗り放題なので、九州1周だってできます。博多を起点にしたルートは、以下のようになります。

博多0558→(かもめ1号)→0801長崎0811→(普通列車)→1012早岐1015→(みどり3号)→1024佐世保1043→(みどり12号)→1234博多1257→(ソニック25号)→1459大分1504→(にちりん17号)→1836宮崎1855→(きりしま19号)→2114鹿児島中央2220→(さくら414号)→2355博多

6つの特急列車を乗り継いで、九州をぐるりと1周。コスパは抜群ですが、ちょっと疲れそうですね。

「D&S列車」に乗るプラン

九州南部の「D&S列車」を乗りに行くこともできそうです。以下は、自由席のある「いさぶろう」「はやとの風」「海幸山幸」に乗り、最後は宮崎から「にちりんシーガイア」で一気に博多まで戻るというプランです。

博多0721→(さくら401号)→0802熊本0831→(いさぶろう1号)→1122吉松1125→(はやとの風1号)→1216隼人1220→(きりしま10号)→1402宮崎1448→(普通列車)→1556飫肥1612→(海幸山幸)→1715宮崎1731→(にちりんシーガイア24号)→2323博多

「元気に!九州パス」は、別途料金を払えば指定席にも乗れます。ですから、別料金を払って全席指定の「ゆふいんの森」や「指宿のたまて箱」「A列車で行こう」などに乗ってみるのもいいでしょう。

乗り放題きっぷの楽しみ方は人それぞれ。上記以外にも素敵なプランはたくさんできるはず。ぜひ、自分だけの使い方を見つけて、九州の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。(鎌倉淳)


関連記事