旅行総合研究所タビリス

旅行総合研究所タビリスは、日本と世界を旅する人のための観光情報サイトです

京都 名所 国内旅行 観光 JR

「京の冬の旅」2013年まとめ。今回は門跡寺院と尼門跡寺院の特別公開が多彩。目玉は大聖寺。仁和寺五重塔に入れるのもレア!

2013年の「京の冬の旅」キャンペーンの概要が発表されました。「京の冬の旅」は、毎年、非公開文化財特別公開が見ものです。今年は「秘められた京の美をたずねて」がテーマだそうで、公開は門跡寺院や尼門跡寺院が中心に。大河ドラマ「八重の桜」放映記念として主人公・新島八重ゆかりの寺も公開対象に入っています。

特別公開のラインナップを見ると、今年はかなり「豊作」といっていいでしょう。そもそも門跡寺院は常時公開が少ない、という事情もあり、特別公開をするとレアな場所がどっさどっさと出てくるのですね。ここでは、目玉を簡単に紹介します。

非公開文化財特別公開かんたん紹介

■2013年「京の冬の旅」・非公開文化財特別公開
(1)公開期間 2013年1月10日(木)~3月18日(月)(一部、公開期間が異なる箇所があります)
(2)公開箇所(*印は「京の冬の旅」初公開です。)
①洛東エリア … 霊鑑寺、金戒光明寺、聖護院、得浄明院、知恩院三門
②洛中エリア … 相国寺慈照院、大聖寺、三時知恩寺、宝鏡寺
②洛西エリア … 仁和寺金堂・五重塔、妙心寺大庫裏*・経蔵*、妙心寺東海庵
③洛南エリア … 東寺五重塔、東寺小子房

(3)拝観料 各箇所600円(いずれも団体割引あり) 、知恩院三門、東寺五重塔(通常公開部分含む)は800円

これらのなか、目玉をいくつかあげるとすれば、まずは大聖寺。室町幕府の「花の御所」跡に建つ格式高い尼門跡寺院で、歴代24代の内親王が住持を務めたことから「御寺(おてらの)御所」と呼ばれてきました。27年振りの特別公開で、本堂と書院「宮御殿」を見ることができます。本堂には本尊・釈迦如来像、枯山水庭園が公開されます。書院「宮御殿」では、望月玉川筆襖絵「秋草に鹿図」「波に鶴図」「竹鶏図」、皇室ゆかりの洋装の人形など寺宝が特別展示されます。大聖寺だけは3/1(金)~18(月)だけの限定公開です。

大聖寺特別公開(写真・京都市情報館)

次の注目は仁和寺五重塔。仁和寺では、金堂などはこれまでも何度も公開されてきましたが、五重塔の公開は珍しく、25年振りだそうです。ここも門跡寺院で、「御室(おむろ)御所」と呼ばれてきました。金堂は国宝で、桃山時代の宮殿建築を伝える貴重な建物。京都御所の紫宸殿を移築したものです。五重塔は重要文化財で、近世五重塔の代表作といわれています。塔内部には胎蔵界(たいぞうかい)五仏を安置しており、柱や壁が一面極彩色の仏画で飾られているそうです。

そのほか、霊鑑寺や相国寺慈照院もかなりレア。また、特別公開の定番の知恩院三門や、東寺五重塔の公開もあり。定番とレアものが入り交じった、バランスのいい特別公開になっていると思います。

定期観光バス特別コースも豊富!

特別公開を効率よく回るには、「定期観光バス特別コース」を使うのが便利。今年は、定期観光バス特別コースとして、『うるわし』『みやび』『やすらぎ』『あじわい』の4コースなどが設定されています。

■2013年「京の冬の旅」・定期観光バス特別コース
(1)期間 2013年1月10日(木)~3月18日(月)
(2)コース内容
①『うるわし』コース ハンサムウーマン・新島八重の足跡をたずねて
・新島旧邸、金戒光明寺、幕末維新ミュージアム霊山歴史館、俵屋吉富(茶菓)、天 (昼食)
②『みやび』コース 皇室ゆかりの京の尼寺をたずねて
・霊鑑寺、三時知恩寺、宝鏡寺、得浄明院、西陣魚新(昼食)
③『やすらぎ』コース 京の名刹・庭園と建築美をたずねて
・相国寺慈照院、妙心寺大庫裏・経蔵、妙心寺東海庵、仁和寺金堂・五重塔、阿じろ(昼食)
④『あじわい』コース 京の冬を彩る味めぐり
・京料理 美濃吉本店竹茂楼(昼食)、京つけもの もり、妙満寺と大根だき、今宮神社とあぶり餅

個人的には、②か③がねらい所だと思います。

京都・東山花灯路

カップルや旅行者が訪れて楽しそうなイベントとしては「京都・東山花灯路」があります。雰囲気が抜群なのですが、名刹というよりはナイト・イベントなので、関西エリアからのデートスポットとして人気です。

■2013年「京の冬の旅」・京都・東山花灯路
2013年3月8日(金)~17日(日)
京都・東山を舞台に、北は青蓮院から南は清水寺までの約5kmの散策路とその一帯を、約2,500基の露地行灯の和を基調とした「灯り」と「花」で演出します。周辺寺院・神社などの特別拝観やライトアップなど、京の早春を彩る美しいイベントを繰り広げます。

京の体験キャンペーン「京のたしなみ」

予約制イベントですが、体験型のキャンペーンもあります。「京のたしなみ」と題するもので、若手女性職人の指導による製作体験をはじめ、京都の伝統文化、伝統工芸の体験ができます。和菓子を作ったり、お茶を点てたりの京都本格体験ができるようで、これは結構楽しそうです。

■2013年「京の冬の旅」連動企画 ・京の体験キャンペーン「京のたしなみ」
(1)開催期間 2013 年 1 月~3 月(開催日はプランごとに異なります)
(2)主なプラン(一例)
【彫金】オリジナル純銀根付作り
【和菓子】季節の和菓子作り体験
【螺鈿・蒔絵】伝統工芸士に習う螺鈿・蒔絵体験
【伝統産業体験】金封(祝儀用)製作、箸製作体験、陶器絵付け体験
【お茶】抹茶の点て方、玉露の淹れ方、煎茶の淹れ方

以上、2013年の京の冬の旅のみどころを、簡単にまとめてみました。この時期の京都は、ホテルも安く、観光客も少なく、意外と旅行しやすいシーズンです。ただし、朝晩の冷え込みは厳しいので、防寒だけは忘れずに!

-京都, 名所, 国内旅行, 観光, JR
-, , ,

  あわせて読みたい