ホーム 旅の技術 海外旅行での充電に必要な最...

海外旅行での充電に必要な最新グッズを全紹介。高電圧対応「タコ足」は必須。変圧器は必要か考えよう。

シェア

最近は海外旅行で充電する機会が増えました。デジタルカメラ、スマホやタブレット、ゲーム機といった充電を必要とする機器を複数持ち運ぶようになったからです。

ところが、いざホテルで充電しようと思っても、コンセント口は壁にひとつだけだったりして、一苦労することもあります。また、コンセント形状や電圧の違いも考慮しなければなりません。

ここでは、海外旅行の充電に必要な最新のグッズをご紹介します。

広告

海外用「タコ足」を持って行こう

まず、最近の海外旅行の充電で必要なのは、「タコ足コンセント」です。複数口電源プラグといいます。旅行中はたくさんの電化製品をいっぺんに充電することが多いので、タコ足は、現代の海外旅行のマストアイテムといってもいいでしょう。

といっても、日本の家庭で使っているタコ足をそのまま持って行ってはいけません。日本国内で販売されている家庭用タコ足は100V専用なので、海外で使えるものを購入しなければなりません。その代表がゴーコンタップ。高電圧対応の海外3個口電源プラグです。

ゴーコンタップにはUSBポートが付いていません。必要なら、USB充電ポート付電源タップも持っていきましょう。

形状変換プラグも必要

海外ではコンセントの形状が日本と異なる国が多いので、その変換も必要です。その国対応のコンセント変換プラグを一つ持っていってもいいですが、筆者はサスケというマルチ電源プラグを一つ持参しています。どんな国のプラグ形状も変換できるという優れもので、これはムチャムチャ便利です。

変圧器はいらないの?

ゴーコンタップとUSBポート、それにサスケを持って行けばだいたいOKですが、「変圧器はいらないの?」という疑問も湧いてきます。日本の電化製品は100V仕様が標準です。海外の電圧は国によって異なりますが、200V-240Vくらいが多いです。100V対応の電化製品を海外でそのまま使うと壊れてしまうことがあります。

といっても、そもそも最近の電化製品は、国内・海外のどちらの電圧にも対応しています。したがって、変圧機能が必要とは限りません。ACアダプター部に「入力100-240V」などと書いてあれば、全世界で変圧器なしで充電ができます。そういう電化製品しかもっていかない場合、変圧器は不要ですので、ご自身で確認しましょう。

「全部入り」ならBESTEK

変圧機能が欲しい、という場合は、BESTEK 変圧機能搭載 海外旅行用充電器という超優れモノがあります。

これ、すごい仕様です。USBポート4口、コンセント3口を備え、しかも変圧機能と変換プラグが付いています。これ一つ持って行けば、海外での充電は全く心配がない、というくらいの代物です。

BESTEK

BESTEKは便利すぎるので、最近は超人気です。実際のところ、充電だけなら変圧機能は不要な場合が多いのですが、あって困る機能でもありません。BESTEKは「全部入り」なので、充電に何が必要かよくわからない方にはおすすめできます。

ドライヤーやポットは専用機を

ただし、BESTEKを持って行っても、ドライヤーやポットなどには使えません。こうした発熱系の電化製品は消費電力が大きいので、変圧器では対応できないのです。

ドライヤーやポットは、変圧機能を内蔵した海外旅行専用商品を使いましょう。


関連記事