ホーム 新幹線・特急 JR在来線特急の「7強」が...

JR在来線特急の「7強」が鮮明に。JR特急利用者数ランキング・2017年ゴールデンウィーク版

シェア

JR各社から2017年ゴールデンウィークの利用状況が相次いで発表されました。今年は土曜日を挟んで5連休、有給を使えば9連休の人もいて、多くの路線で前年度比で利用者を増やしています。

JR在来線特急の利用者数は、インバウンドの影響を受け順位に動きが出ており、「7強」ともいえる列車群が形成されてきました。詳細をランキング形式で見ていきましょう。一部快速列車も掲載しました。

広告

JR在来線特急利用者数ランキング2017年大型連休版

1. ひたち、ときわ(我孫子~土浦)30.1万人(120%)
2. あずさ、かいじ(八王子~相模湖)29.3万人(103%)
3. ひたち、ときわ(土浦~水戸)28.1万人(120%)
4. かもめ、みどり(鳥栖~肥前山口)25.1万人(107%)
5. サンダーバード(京都~敦賀)21.4万人(108%)
6. ソニック(小倉~行橋)15.3万人(106%)
7. マリンライナー(児島~宇多津)15.1万人(106%)
8. 成田エクスプレス(東京~千葉?)14.9万人(115%)
9. スーパーあずさ(上諏訪~甲府)13.4万人(101%)
10. ひたち(水戸~高萩)11.9万人(121%)

11. はるか(日根野~関西空港)8.3万人(119%)
12. カムイ、ライラック等(札幌~岩見沢)8.1万人(96%)
13. スーパービュー踊り子等(横浜~熱海?)7.9万人(100%)
14. しらさぎ(米原~敦賀)7.9万人(110%)
15. しおかぜ・いしづち(多度津~伊予三島)7.1万人(109%)
16. スーパー北斗、すずらん等(東室蘭~苫小牧)6.9万人(103%)
17. しなの(名古屋~多治見)6.8万人(104%)
18. しおかぜ(児島~宇多津)6.8万人(109%)
19. くろしお(和歌山~簑島)6.3万人(103%)
20. わかしお(東京~蘇我?)5.36万人(110%)

21. きのさき、まいづる等(二条~亀岡)5.1万人(104%)
22. やくも等(岡山~新見)4.9万人(97%)
23. やくも(岡山~新見)4.8万人(97%)
24. ひたち(高萩~いわき)4.79万人(108%)
25. しなの(長野~松本)4.5万人(103%)
26. 南風(児島~宇多津)3.9万人(113%)
27. ひだ(美濃太田~下呂)3.8万人(107%)
28. 南風・しまんと(多度津~阿波池田)3.6万人(109%)
29. こうのとり(大阪~三田)3.3万人(103%)
30. しおさい(東京~千葉?)3.2万人(109%)

31. いなほ(新潟~村上?)3.2万人(105%)
32. 宇和海(松山~宇和島)2.9万人(109%)
33. スーパーおおぞら、スーパーとかち(南千歳~トマム)2.8万人(100%)
34. しらさぎ(名古屋~大垣)2.6万人(112%)
35. うずしお(高松~徳島)2.4万人(110%)
36. スーパーはくと(姫路~上郡)2.3万人(103%)
37. スーパーはくと(智頭~鳥取)2.1万人(104%)
38. 草津(高崎~渋川)1.6万人(91%)
39. さざなみ(東京~蘇我?)1.3万人(109%)
40. 南風、しまんと、あしずり(高知~窪川)1.3万人(105%)

41. つがる(弘前~青森)1.2万人(145%)
42. ふじがわ(富士~富士宮)1.1万人(112%)
43. 南紀(松阪~紀伊長島)1.1万人(100%)
44. あさぎり(山北~御殿場)0.9万人(97%)
45. スーパーいなば(岡山~上郡)0.8万人(107%)
46. スーパーいなば(智頭~鳥取)0.8万人(106%)
47. いなほ(酒田~秋田)0.7万人(120%)
48. はまかぜ(姫路~寺前)0.7万人(98.2%)
49. スーパーおき(新山口~益田)0.62万人(128%)
50. リゾートしらかみ(秋田~青森)0.61万人(139%)

51. サンライズ出雲・瀬戸(静岡~浜松)0.6万人(105%)
52. うずしお(児島~宇多津)0.3万人(127%)
53. 伊那路(豊川~本長篠)0.2万人(111%)
54. サンライズ出雲(岡山~新見)0.2万人(91%)
55. はまかぜ(岩美~鳥取)66人(108%)

※マリンライナー、リゾートしらかみは快速列車。

上記のランキングは、JR各社から広報発表された数字をまとめたものです。JR各社によって、区間選定の基準などがばらばらであることをご承知おきください。

広告

在来線特急の「7強」

2017年のゴールデンウィーク利用者数では、「ひたち、ときわ」が唯一の30万人超えで首位になりました。2016年は「あずさ、かいじ」が首位でしたので、2年ぶりのGW首位奪回です。

JR在来線特急で利用者20万人超えを果たしたのは、常磐線(ひたち、ときわ)、中央東線(あずさ、かいじ)、湖西・北陸線(サンダーバード)、長崎線(かもめ、みどり)の4路線です。

上記のランキングは、同じ列車の複数区間も取り上げていますので、各列車群を最混雑区間だけをまとめてみると、以下のようになります。

1. 常磐線(ひたち、ときわ)30.1万人
2. 中央東線(あずさ、かいじ)29.3万人
3. 瀬戸大橋線(しおかぜ、南風、うずしお、マリンライナー)26.1万人
4. 長崎線(かもめ、みどり)25.1万人
5. 湖西・北陸線(サンダーバード)21.4万人
6. 日豊線(ソニック)15.3万人
7. 総武・成田線(成田エクスプレス)14.9万人
8. 関西空港線(はるか)8.3万人
9. 函館線(カムイ、ライラック等)8.1万人
10. 東海道線(スーパービュー踊り子等)7.9万人
10. 北陸線(しらさぎ)7.9万人

ご覧の通り、瀬戸大橋線も、特急「しおかぜ、南風、うずしお」に快速「マリンライナー」を加えると26.1万人となり、20万人越えグループに入ります。

これに続くのが、日豊線(ソニック)と、総武線(成田エクスプレス)の「15万人グループ」。ここまでが、在来線特急の「7大混雑区間」、いわば「7強」といえそうです。

続く8位の「はるか」も、阪和線区間(天王寺~日根野)を取り上げれば、「くろしお」とあわせて15万人グループに入りそうですが、同区間の統計は公表されていません。

ひたち

桜の見頃で「つがる」45%増

「成田エクスプレス」は、インバウンドの影響で毎年利用者が増えており、今年はついに「ソニック」と肩を並べる輸送量になりました。この勢いが続けば来年にもソニックを抜きそうです。

同じ空港特急の「はるか」も利用者増が著しく、前年比19%増で、全体8位に浮上しています。2年ほど前までは「くろしお」と同水準だったのが、今や明確な差を付けました。

今年の最大の利用者増を記録したのが、「つがる」の145%。同エリアの「リゾートしらかみ」も好調でした。弘前の桜が連休期間中に見頃となったためだそうです。

山陰エリアでは、「スーパーおき」は好調でしたが、「やくも」や「サンライズ出雲」は前年を割り込みました。北海道も全体的には伸び悩みですが、北海道新幹線開業の反動が現れたのかもしれません。(鎌倉淳)


関連記事