ホーム 新幹線・特急 北陸新幹線の運転士交代は長...

北陸新幹線の運転士交代は長野駅に。長野~上越妙高間はJR西日本の乗務員が運転と決定。

シェア

2015年春に開業する北陸新幹線で、JR東日本とJR西日本の乗務員交代が長野駅で行われることが決まりました。北陸新幹線のうち、長野~上越妙高間はJR東日本の路線ですが、その部分もJR西日本の運転士が運転することになります。境界駅の上越妙高駅を通過する列車が設定されるダイヤを想定しての措置と思われます。

e7系

もともと、上越妙高駅は通過列車の存在を前提とした設計でしたので、その場合の乗務員交代がどこで行われるかは以前から注目されていました。その結論が出たと言うことです。

新幹線路線を他社乗務員が運転するのは初めてのケースです。2016年に開業する北海道新幹線では、境界駅は新青森で全列車が停車する見込みですので、こうした問題は発生しません。今後、上越妙高と新青森以外で、新幹線の境界駅は新設されませんので、長野~上越妙高間は唯一の「他社運転区間」となりそうです。


関連記事