ホーム ヨーロッパ JAL・午前2時発「羽田・...

JAL・午前2時発「羽田・ロンドン深夜便」の使いこなし方。エコノミー客にも空港ラウンジを開放

シェア

JALが羽田-ロンドン(ヒースロー)に深夜便を設定します。羽田空港国際線の深夜・早朝枠を使ったもので、羽田発は午前2時45分。丑三つ時の出発で、エコノミーの割引運賃利用者も含め空港ラウンジを開放します。

広告

羽田の深夜早朝枠を活用

JALは2017年10月29日から、現在1日1便運行の羽田-ロンドン(ヒースロー)線を1日2便にします。増便は、羽田空港の深夜早朝枠を使ったもので、羽田を深夜に出発してロンドンに早朝に到着します。ロンドン発便は午前中出発で、羽田に早朝に到着します。東京からロンドンへの深夜便は、最近では例がありません。

羽田-ロンドン線深夜便の時刻表は、以下の通りです。

JAL羽田・ロンドン線時刻表(冬ダイヤ)

JL041 羽田02:45→ロンドン06:25
JL042 ロンドン09:30→羽田06:25(+1)

JAL羽田・ロンドン線時刻表(夏ダイヤ)

JL041 羽田01:55→ロンドン06:25
JL042 ロンドン09:30→羽田05:15(+1)

JAL787
画像:JALホームページより

ラウンジで食事、機内で即就寝

羽田の出発時間が深夜というか未明というか、かなり深い時間です。このためか、JALではこのロンドン行き041便に限り、エコノミー客の割引運賃利用者を含めたすべての乗客にサクララウンジ(空港ラウンジ)を開放し、軽食を提供します。これは、搭乗後すぐに就寝できるようにするためだそうで、機内搭乗後すぐに照明を落とし、最初の食事は希望者以外は省略するとのこと。メインの食事は到着前に供されるようです。

搭乗前にラウンジで食事を出し、機内の食事をひとつ飛ばす、というのは、新しい試みでしょう。旅客からしても、狭い機内で食べるより、ゆったりとしたラウンジで食事を済ませた方がいいでしょうし、よい試みに思えます。この時間帯はJALは041便のみ運航ですので、他便のビジネスクラス客などのラウンジ利用者にも影響が及びません。

羽田空港へ京浜急行でアクセスするとすれば、最終電車は品川00時08分発で羽田空港国際線ターミナル着が00時25分着です。すぐにチェックインして、ラウンジに入り、食事をすれば、冬ダイヤの02時45分発はちょうどいい時間でしょう。夏ダイヤの01時55分発ですと、京急の終電で着いたら、搭乗まで時間が足らないくらいかも知れません。

広告

ロンドン乗り継ぎは便利に

羽田発深夜便は、仕事が終わってから利用しやすい時間帯ですし、ラウンジサービスまであるのなら、使いやすいフライトになりそうです。ロンドンに朝6時半頃着くことに関しては、1日を無駄にせず朝から活用できるという点では、効率がいいでしょう。

ただ、ヒースロー空港から市内に向かうときにラッシュ時にあたりますし、着いてすぐホテルにチェックインできない時間帯です。深夜便の寝不足で混雑した街に放り出されることになり、「ロンドンで着いたらすぐ観光するぞ~!仕事するぞ~!」というエネルギッシュな人以外は、疲労困憊になる可能性もあります。

一方で、乗り継ぎは自在な時間帯なので、ロンドンをハブにして欧州各地に向かうには利便性が高そうです。

帰り便のロンドン9時半発は使いやすい時間帯です。羽田着は冬ダイヤで6時半、夏ダイヤで5時過ぎで、朝ラッシュのピーク前には都内へ出られそう。都内在住の方なら、そのまま仕事にも行けますし、家で休むことも可能なので、使いやすいフライトになりそうです。

サクララウンジ
サクララウンジ羽田空港。画像:JALホームページより

東京・ロンドン線をまとめてみると

JALの他便も含めた、東京-ロンドン線のスケジュールを夏ダイヤでまとめてみましょう。

JAL東京・ロンドン線時刻表(夏ダイヤ)

■東京→ロンドン
JL041  羽田01:55→ロンドン06:25
JL7083 羽田08:50→ロンドン13:10
JL043  羽田11:20→ロンドン15:50
JL7081 成田12:55→ロンドン17:30

■ロンドン→東京
JL042  ロンドン09:30→羽田05:15(+1)
JL7082 ロンドン11:40→羽田07:15
JL7080 ロンドン15:45→成田11:25
JL044  ロンドン19:15→羽田15:00

※4桁便はブリティッシュ・エアウェイズの運航

コードシェア含めて羽田発3便、成田発1便があり、時間もうまくばらけています。午前出発が好きな人は、羽田発、ロンドン発とも9時前後の便がありますし、夜発が好きな人は、羽田発深夜便、ロンドン発夜便を使うといいでしょう。欧州内乗り継ぎのある人にも選択肢が豊富です。

増便となる041、042便の機材は、「JAL SKY SUITE」を搭載したボーイングB787-8型機。JALの国際線787型機は、エコノミーでも横8列なのが、ほっとする点です。ちなみに、既存の羽田-ロンドン線(043、044便)は、ボーイング777-300ER型機です。

広告

バンコク線も期間限定で増便

JALでは、同じく2017年10月29日から2018年3月24日まで、期間限定で成田-バンコク(スワンナプーム)線を増便します。

成田・バンコク線(増便分)のスケジュールは以下の通りです。

▽JAL成田・バンコク線増便時刻表(10月29日~3月24日)
JL717 成田12:40→バンコク18:00
JL718 バンコク23:25→成田07:15(+1)

仁川空港からは全面撤退

ロンドン、バンコクを増便する一方で、2018年3月25日をもって、成田-ソウル(仁川)線から撤退します。これにより、JAL運航の仁川路線は全廃となります。羽田-ソウル(金浦)線については1日3便の運航を継続します。

成田空港、仁川空港ともLCCの牙城となってしまい、高品質のレガシーキャリアを標榜するJALが採算を取るのは、難しくなったのでしょう。(鎌倉淳)


関連記事