ホーム お得なきっぷ 「IGR・青い森鉄道フリー...

「IGR・青い森鉄道フリーきっぷ」を7月から再発売。主な利用期間は3連休。「片道運賃」より安い激安きっぷ

シェア

IGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道は、2015年7月から、「IGR・青い森鉄道フリーきっぷ」を再発売します。両社の路線が乗り放題のフリーきっぷです。利用期間は主に3連休絡みの週末です。

広告

7月から3月まで発売

IGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道は、2014年にこのフリーきっぷを初めて発売しました。今回はその再発売で、発売期間を2015年7月1日から2016年3月21日まで拡大します。

2015年で利用できる期間は7月18~20日、9月12~13・19~23日、10月10~12・17~18日、11月21~23日、2016年1月9~11日、3月19~21日。海の日の3連休や9月の連休、体育の日の3連休などの期間ですが、3連休でない週末も含まれます。

この期間中の連続する最大2日間、両社の鉄道路線を自由に乗り降りできます。発売額は大人3,000円、小・中学生1,500円。中学生は生徒手帳を提示すれば購入できます。

両社の盛岡~青森間の片道運賃は5,480円。このフリーきっぷで同区間を片道1回利用するだけでも2480円安くなります。盛岡~八戸間は片道運賃3,040円ですので、この区間でも40円安くなります。

発売箇所は両社の主な有人窓口。小繋駅では向かいの「里やま市場」で発売します。当日購入も可能です。車内や券売機での発売はありません。

IGR・青い森鉄道フリーきっぷ

他のきっぷとどう組み合わせるか

当日購入可能で、割引率も高いフリーきっぷなので、東北エリアの方には利用価値が高そうです。一方、関東から訪れる場合は、3連休が主な発売期間なので、JR東日本の3連休乗車券と重なります。3連休乗車券はそもそも両社に乗れるので、組み合わせの必要はありません。

組み合わせ可能なきっぷとしては、青春18きっぷがあげられます。ただ、残念ながら今回は重なる日が多くありません。まだ未発表ですが、秋の乗り放題パスとは併用が可能になりそうです。


関連記事