旅行総合研究所タビリスは、日本と世界を旅する人のための旅行情報サイトです


ホテル・旅館 国内旅行 旅の本 旅行会社 海外旅行 観光

「最強・最新 ホテル予約サイト番付」記事でランキングされた意外な「横綱・大関サイト」とは

旅行好きなら、宿泊予約サイトを活用している、という人も多いでしょう。宿泊予約サイトは検索がラクですし、提示されている値段も安いことが多いです。

ただ、宿泊予約サイトは国内外に結構な数があり、その違いを理解して活用している人はあまり多くないのではないか、とも思います。「本当にお得なサイトはどこなのか?」と思っている人も多いはず。

とはいえ、それを検証するのはとても難しく、かつ大変なこと。それに挑戦した雑誌があります。晋遊舎「MONOQLO (モノクロ) 2012年 11月号」で、「最強・最新 ホテル予約サイト番付2012」という記事です。

この記事については、筆者にも取材依頼があり、協力させて頂きました。ただ、話があったとき、「そんなことどうやって検証するの?」とちょっと疑問でもありました。ホテル予約サイトの仕組みは結構複雑です。また、寡占化も進んでおり、国内では「楽天とじゃらんを検索しておけば大きな間違いがない」というのが最近の一般的な認識です。それを覆す材料が見つかるのでしょうか。

記事で示されたランキングはは結構意外で、楽天トラベルが「横綱」になったのはともかく、その後の「大関」がmsnトラベルというのは意外。さらに「関脇」でるるぶトラベル、JTBと続き、じゃらんは上位から漏れました。海外に関しては「横綱」がエクスペディア、「大関」がH.I.S VACATION、「関脇」がじゃらん、Hotels.comと続きます。「自分の感覚とは違う」と思った方もいらっしゃるでしょう。ランキングの理由については記事をご覧ください。

ちなみに、筆者が探す優先順位は、国内は「楽天トラベル→るるぶトラベル→じゃらん→JTB」です。海外は「H.I.S VACATION→トルノス→エクスペディア→楽天トラベル」です。

ところで、この記事への取材協力の過程で、改めていろんな予約サイトを見てみました。それで感じたことは、たくさんあると思っていた予約サイトも、実は楽天トラベル、じゃらんによる寡占化が著しいということ。その牙城をなんとか崩そうと、JTBがるるぶトラベルで挑んでいるという構図です。

それ以外の既存の旅行会社、たとえばKNTや日本旅行、阪急交通社などは、ネットによるホテル予約のジャンルでは完全に蚊帳の外に置かれてしまっています。これはちょっと寂しいですね。こうしたレガシー・エージェントにも頑張ってもらって、ホテル予約の競争をもっと活性化してほしいものです。


MONOQLO 2012年 11月号

広告

広告

-ホテル・旅館, 国内旅行, 旅の本, 旅行会社, 海外旅行, 観光
-, ,

  あわせて読みたい