ホーム 廃止・引退情報 「北斗星」のチケットがヤフ...

「北斗星」のチケットがヤフオクで高騰中。最終日「ロイヤル」のチケットは1枚90万円越え!

シェア

最後の寝台特急「北斗星」のラストランが近づいてきました。2015年3月ダイヤ改正で定期運行が終了し、4月以降は不定期列車として運行を継続してきましたが、それももうすぐ終わりです。8月22日札幌発上野行きが最終運行となります。最後が近くなってきたことで、チケットが高騰してきました。

広告

100万円を超えるか?

8月の「北斗星」は8月1日~12日と、17日~22日の計18日間運行。上下あわせて1日1便ですので、計9往復となります。今日は8月4日ですから、あとは7往復です。いよいよ押し迫ってきました。

残り運行本数が少なくなってきたこともあり、オークションでのチケット売買も高値が付いています。なかでも最終日のチケットの高騰ぶりはすさまじいです。

現在進行形のオークションでは、以下のものが。

「8月22日 札幌発 北斗星号 ラストラン A個室 ロイヤル+ディナー」914,000円

北斗星オークション

91万4000円ですよ。ケタ一つ間違っているのかと思いました。

開始価格は2万9,230円で、それが103人の入札でここまで値上がりした様子。まだ5日間入札時間があるので、100万円を超えるのではないでしょうか。ロイヤルと食堂車ディナー1名分で、この価格です。

北斗星

開放B寝台でも30万円

最近の「北斗星」の落札結果を見ると、8月22日のデュエット2名分が50万7,000円。同日B個室ソロ1枚が46万2,000円、開放B寝台上段が30万1,000円となっています。

開放B寝台上段に30万円とか、すごい値上がりです。それでも、現在入札中の「ロイヤル1名90万円」には到底及びません。鉄道チケットの過去最高落札価格がいくらなのかは知りませんが、ひょっとしたら記録更新かもしれません。最後はいくらになるのでしょうか。

すでに筆者にはまったく理解できない価格ですが。


関連記事