廃止・引退情報 新幹線・特急 新規開業・工事 鉄道

北陸新幹線開業で廃止されそうな路線、列車まとめ。「トワイライトエクスプレス」と「七尾線特急乗り入れ」が焦点に。「北越」は存続か。

北海道新幹線の長野~金沢間開業予定は2015年3月です。開業まであと1年半となりました。

新幹線が新規開業すれば、消える列車や路線があるのも世の常。そこで、「北陸新幹線開業で消えそうな列車と駅」をまとめてみましょう。

といっても北陸新幹線開業にともなって廃止される路線はありません。信越・北陸本線の長野~金沢間が第三セクター化されますが、鉄道路線としては存続します。

ただ、将来を考えると存続が危ういと思われる区間はあります。筆頭にあげられるのが大糸線の糸魚川~南小谷間でしょう。北陸新幹線開業後は、JR西日本の在来線の「飛び地」になるうえ、そもそも利用者が少ない区間だからです。経営効率を考えると、JR西日本としては廃止したいのが本音と思われます。

同様に「飛び地」となる区間としては、高山本線富山~猪谷間、氷見線、城端線、七尾線があります。これらは現時点では廃止予定はありませんが、将来別会社へ移管される可能性は否定できません。別会社移管の前例としては、富山港線があります。

北陸新幹線開業にともなって廃止される可能性の高い列車としては、特急「はくたか」「北越」が挙げられます。富山県の並行在来線第三セクターの運行計画では、昼間の特急列車を予定していないので、この両列車の糸魚川以西の廃止は確実です。ただし、両列車とも、直江津以東で部分的に運行継続の可能性はあります。とくに「北越」については、JR東日本社内で存続の検討がなされているようです。その場合の運転区間は新潟~直江津もしくは新井となりそうです。

はくたか

「サンダーバード」「しらさぎ」の富山乗り入れもなくなりそうです。原則として金沢以西の運行となります。七尾線への特急乗り入れについては、石川県の並行在来線第三セクターの運行計画によると確定事項にはなっていません。七尾線への特急乗り入れはJR西日本にもメリットがあるので存続されると思われますが、廃止になる可能性も否定できません。

「トワイライトエクスプレス」については、石川県の並行在来線の運行計画に全く言及されておらず、富山県の並行在来線運行計画にも軽く触れられている程度です。乗車率は良好のようですが、使用車両の老朽化が進んでいて、更新の予定もないようです。北海道新幹線開業時にはどのみち運行継続が難しくなるため、北陸新幹線開業を機会に運行を終了する可能性は否定できません。

長野~直江津間を運行する「妙高」は、長野県と新潟県の並行在来線が原則として境界駅折り返しとなるため、運行は終了しそうです。こちらも使用車両の老朽化が進んでいます。

ということで、北陸新幹線開業で焦点になるのは、「トワイライトエクスプレス」の去就と、七尾線の特急乗り入れ、「北越」「はくたか」の部分存続、ということになりそうです。それ以外の廃止はなさそうです。

-廃止・引退情報, 新幹線・特急, 新規開業・工事, 鉄道

  あわせて読みたい